グリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > グリー、13年6月期は営業益41%減の486億円…課金収益低...

グリー、13年6月期は営業益41%減の486億円…課金収益低迷と人件費が収益圧迫、155億円の減損も 海外事業が急成長

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

グリー<3632>は、この日(8月14日)、2013年6月期の連結決算を発表し、売上高1522億円(前期比3.8%減)、営業利益486億円(同41.2%減)、経常利益532億円(同35.0%減)、当期純利益225億円(同53.1%減)だった。

また、第4四半期(4-6月期)については、売上高370億円(前四半期比2%減)、営業利益77億円(同28%減)、経常利益95億円(同21%減)、四半期純損益3億円の赤字(前四半期47億円の黒字)だった。

日本経済新聞朝刊が7月3日に掲載した観測記事では、売上高が前年同期比1割減の350億円前後、営業利益が同7割強のマイナスとなる50億円前後としていたが、これを大きく上回るものだった(関連記事)。

 

 

 

スマートフォン向けのコイン消費が堅調に推移したものの、フィーチャーフォン向けのコイン消費額のダウントレンドとなったことに加え、開発系の人件費が133%増の99億円、管理系の人件費が100%増の140億円、広告宣伝費や支払手数料、減価償却費などが収益を圧迫したことが主な要因だったようだ。

 

 

 

さらに特別損益では、第4四半期だけでタイトル関連資産の減損損失とメッセンジャー事業関連損失など、特別利益との差し引きで67億円を計上、通期では155億円計上した。ウェブゲーム関連資産では3億円、ネイティブゲームでは国内が17億円、海外では27億円を計上。さらにメッセンジャー関連で36億円もの損失を計上したという。

 

 

もうひとつの注目は、第4四半期の売上高が前四半期比でほぼ横ばいだったことだろう。国内コイン消費、とりわけ自社・提携タイトルの消費が落ち込んでいるものの、海外マーケットでの伸びでカバーした格好となった。海外事業については、前四半期比で3割以上の成長を達成し、USスタジオは5月に単月黒字を実現したとのこと。海外事業全体としても拠点を再編し、2013年12月までに単月黒字化を予定しているという。

 

 

 

 

■2014年6月期の見通し

なお、2014年6月期の業績見通しは非開示。事業の選択と集中の進捗などにより、業績が変動する可能性があることから、現時点では合理的な業績予想を行うことが困難なため、としている。

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( グリー

企業情報(グリー株式会社)

会社名 グリー株式会社
URL http://www.gree.co.jp/
設立 2004年12月
代表者 田中良和
決算期 6月
直近業績 売上高924億5600万円、営業利益202億3300万円、経常利益250億900万円、当期純損益103億2200万円の赤字(2015年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3632

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事