コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コロプラ決算説明会 馬場社長「私たちもびっくり」の急成長 斬...

コロプラ決算説明会 馬場社長「私たちもびっくり」の急成長 斬新な新作タイトル投入で「ガンホー・スーパーセル」連合超え目指す

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

コロプラ<3668>は11月6日、株式上場後初の本決算となる2013年9月期決算を発表し、都内で決算説明会を開催した。期中に3度の上方修正をはさみながら、13年9月期の売上高は前期比3.3倍の167億円、営業利益も3.8倍の57億円と大きな成長を示して着地。14年9月期の売上高と利益が倍増する計画も示した。説明会に臨んだ馬場功淳社長は新作『蒼の三国志』の好調なスタートや「我々が作ったことのないゲーム、誰も見たことのないゲーム」と表現する開発中タイトルへの期待を示し、先行きの自信を示した。ソフトバンク、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、スーパーセルという世界で圧倒的な存在感を誇るスマートフォンゲーム連合が誕生したことについて、「幸運だ。孫(正義)さんと戦える日が来た」と意気込み、世界1位のスマホゲーム企業を目指す方針を再確認した。(以下、断りが無ければ、かぎ括弧内は馬場社長の発言)

 

▲説明会の馬場社長


■「私たちもびっくり」の急成長、ネイティブ市場の拡大を享受 スマホネイティブの売上比率は9割

早期にスマートフォン向けとネイティブアプリへの注力を決めたことが奏功し、「ネイティブアプリ市場の拡大を一身に享受できた」通期決算となった。説明会資料に「私たちもびっくり」と記載するほどの好決算だった。テレビCM効果で大きく成長した『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』をはじめ、提供する全てのオンラインアプリが3Q(4~6月)に続いて4Q(7~9月)にも過去最大の四半期売上高を更新するなど、幅広いアプリが好調。テレビCMで広告宣伝費が膨らんだものの、高い営業利益率を保つなど、コストコントロールも維持。自社コンテンツである『黒猫のウィズ』が伸びたことで、ロイヤリティ費用の対売上高比率も久しぶりに10%を割り込んだという。
 


7~9月の売上構成をみると、好調なスマホネイティブアプリがついに9割まで上昇。一方、位置ゲームプラットフォーム事業は前年同期比で増収基調は続いた(7~9月は7%増収)が、LAP(位置情報アプリケーションを提供する外部デベロッパー)アプリの売上高が前四半期比で初の減少に転じるなど、全体に頭打ち感が出ており、売上比率は1割に減少した。


集客用のライトアプリ群「Kuma tha Bear」も、累計ダウンロード数が2700万件と増加を続けながら、MAU(月間アクティブユーザー数)も300万件台で高い水準を維持している。なお、『一瞬のスキマ』のヒットでMAUは5月に一時的に急上昇している。
 

■「テレビCMを使いこなせた」 ユーザー増加もARPPU低下は限定的

4Qには初の全国展開テレビCMを実施。「特にこの四半期はテレビCMを使いこなせるようになったことが大きい成果」という。CM効果で『黒猫のウィズ』の人気が上昇し、全体のQAU(ダウンロードから7日以上経過したユーザーを対象に集計した四半期アクティブユーザー数)が約235万に急拡大したが、QAUあたりの売上高(ARPQU)は前四半期比12.8%減の2400円強と高い水準を維持した。通常、広告宣伝による急激なユーザー数の増加はARPPUの低下を招きやすいが、「12%程度の低下にとどまった」という。「新規ユーザーの早期課金と、CMによる既存ユーザーの活性化の、両面が機能した」との見方を示した。


説明会の会場からは、テレビCMで既存ユーザーのARPPUの上昇を先食いし、ゲームの賞味期限を早めているのではないか、との質問が出た。取締役CSO(最高戦略責任者)兼経営企画部長の長谷部潤氏は「既存ユーザーのARPPUは確かに上がっており、もちろん多少先食いにはなる可能性はある」としつつ、「『黒猫のウィズ』のARPPUはもともと、『秘宝探偵キャリー』『恐竜ドミニオン』といった既存作品と比べて3分の1程度と低い。時間経過とともに既存作品のARPPU水準に向けて一次関数のように上がってくるとみている。『黒猫』のローンチは今年3月で、この上昇線上にいるところでCMを打ち、多少上がったという感じ」と説明。むしろ「既存ユーザーの活性化は想定外の良いことだった」と述べた。
 

■今期計画は売上・利益ともに倍増  『蒼の三国志』は『黒猫』以上のスタート

2014年3月期は売上高、利益のいずれも13年3月期からほぼ倍増の計画だ。KPIのうちDAUは保守的に見積もった一方、ARPPUは上昇傾向を考慮して策定したという。4Q後半にリリースした『蒼の三国志』も好調で、10月単月の売上高は1億円を超えたという。「リリース25日間での比較では、DAUは『黒猫のウィズ』比25%増、期間売上高は2.3倍増と、『黒猫』以上の立ち上がりで、すばらしいスタート」(馬場社長)という。10月も好調な出だしとなっているようだ。
 

テレビCMを軸に、広告宣伝費を対売上高比で10%以内にとどめながら、効果的な広告を展開していく方針だ。「集客用の『Kuma tha Bear』でリリースし、軌道に乗ったところでweb広告を実施、ある程度のDAUの母数や固まりができたところで、一定の社内条件をクリアすればテレビCMを打つ」という構図を完成したという。 「ノリやイメージで広告を出さず、Web広告のマーケティングチームをテレビCMにも活用し、100近いパラメータを駆使して分析したうえでやっていく」 と述べた。

新規アプリの投入計画については9月に2本、10月に2本という予定だったが、実際には10月までに2本のリリースにとどまった。『蒼の三国志』が急速に立ち上がったため、10~12月は広告宣伝費を『蒼の三国志』に注力することが合理的だと判断。10~12月に ローンチ予定だった新作の投入を後ろ倒しにした。「後ろ倒しで開発に時間的余裕ができ、広告宣伝費も効率的に投入できる」とのこと。
 

■「ミルフィーユ」型の業績成長

アプリごとの今期業績への寄与のイメージについて、長谷部氏は「ゲームは立ち上がりの翌期におおきく伸びる傾向がある。13年9月期に大きく伸びた12年9月期リリースタイトルについては、今期微増を見込んでいる」と話した。12年9月期リリースタイトルの動向については、2012年1月にリリースした『秘宝探偵』は「(長期に運用していることもあって)どうしてもDAUが落ちてしまう。DAUはリリースから半年後がピークで、これまでARPPUや課金率の向上で補って売上を伸ばしてきたが、そろそろ補いきれないかな、と考えている」と指摘。一方、『プロ野球PRIDE』は「驚くべきことに、DAUを含めすべてのKPIが依然、最高値を更新している状況」と話し、『恐竜ドミニオン』を含めた12年3月期リリース3タイトルを相殺して「若干増収というイメージ」だと回答した。

前期に立ち上がった『黒猫のウィズ』と、前期にぎりぎり滑り込んだ『蒼の三国志』については、「今期は大きく伸びるだろう」と期待を示した。「社内でミルフィーユでたとえて計画を説明しているが、層が重なっていくように、そしてたまに『イチゴ』(のようなヒット作)が入り、売上高が伸びるようなイメージでみている」と回答した。なお、新規事業は「複数検討・展開しているが、スマホゲームからかけ離れた新規事業は考えていない」「位置情報の活用も収益はまだ期待できるものではない」(長谷部氏)とのこと。
 


 

■単一アプリへの依存は危険、「効率的フロンティア」目指す 『黒猫』チームの新作も「楽しみ」

馬場社長は、想定するKPIや作品モチーフなどの異なる性格のアプリを複数展開し、新規ユーザーの受け入れ間口を広げつつ、リスクを分散する「アプリポートフォリオ戦略」がうまく機能できたと主張した。「ソーシャルゲーム以降、かつてのコンソールゲームのようにシリーズで継続的な売上高を得る手法を使えなくなったため、一つのアプリを長持ちさせるかが重要になる。だが、ひとつのアプリへの依存は危険。そのアプリに無理をさせてしまうし、そのアプリが厳しくなったときに手の打ちようがなくなる。『コロニーな生活』を3年間運用してきた経験によるものだ。アプリの分散を進めることが大切」と指摘。「証券理論で(最適な資産配分状態を示す)『効率的フロンティア』という言葉があると聞いているが、こういった手法で最大のリターンを実現していきたい」と述べた。
 


今期投入予定の新作アプリは、ポートフォリオ内でどういう位置づけか、という質問が出た。経営会議で承認された開発中作品は現在6本で、それぞれを「歴史物」「スマホならではのライトで、かつハイエンドに作りこまれたもの」「ARPUは低いが、dauは高いような、かなりライト」「『黒猫のウィズ』チームが企画作成中のもの」「ゲームだが、少し軸足をずらしたリアル連動で、『育て』ゲームのユーザー層を変えたもの」「いまヒットしているゲームと同じモチーフを使った、男の子心がくすぐられるもの」と表現。どれだけマス向けな商材か、どれだけ高ARPPUな商材かのバランスをとってアプリを作っているという。なお、『黒猫』チームが作成中のものは、「特にすばらしい出来で、リリースが楽しみ」と期待をにじませた。

ゲームごとのユーザーの”かぶり”はどういう状況か、という質問が出た。「集客用の『Kuma tha Bear』から収益源のオンラインアプリに向かった導線は設定しているが、オンラインアプリ間の導線は設定していない。ヒット作間の横移動はしにくい状況になっている。またKPIなどでアプリの性質を分けてゲームを位置づけている。CMでコロプラ全体の知名度は上がり、ゲーム間の横移動はあるかもしれないが、一般的にいう『かぶり』は少ないのではないかなと思っている」(長谷部氏)とのこと。


■コアアクションとモチーフの組み合わせを網羅 「誰も見たことのないゲームを作る」

ゲーム企画に関する馬場社長の判断基準に関しても質問が出た。馬場社長は「スマホゲームはコアアクション(どう遊ばせるか)とモチーフの組み合わせ。この掛け算でアプリの価値が決まると考えている。有史以来のゲームのモチーフとコアアクションを抜き出し、それを組み合わせたものを眺め『どんな組み合わせが面白いか』『まだやっていないのはどれか』を頭に入れ、そこから新しい遊びを考えていく。この点を企画段階に詰め、コアアクションと仮組みを作り、面白いと判断すれば経営会議にかけて、予算を承認するというのが最近の流れで、しばらくこの流れでやっていく」と話した。最近の話として「ダブルコアアクションというのも議論に加わっている」という。

また「既存の仕組みをそのまま使いまわすというのは、最近は通用しない。比較的不調だった『トライレギオン』は過去のやり方を引きずったアプリで、ユーザー受けがよくない。ユーザーは新しい遊びを求めている。いま作成段階のゲームは、いままで我々が全く作ったことのない、そのうちいくつかは誰も見たことのないゲームを作っている」と説明した。

人員は14年3月期末に446人と、コストコントロールを意識しつつ、前期末から140名の増員を見込む。「446人のうち350人くらいは開発者と考えてもらっていもいい」とのこと。1アプリあたりの開発人数については、「我々はスモールチームを標榜しており、最大10人くらいとしている。開発の佳境時は15~20人くらいだが、開発後は10人くらいで運用する」「アプリ一本あたり、だいたい50人月くらいが目標だが、最近は増加傾向にあるため、もう少し高い数字になっている」と述べた。
 


■海外展開は「模索」、「日本でヒットしても、海外でヒットするわけではない」

海外展開についての質問には「正直ベースで言えば、模索している」と回答した。「場所として効率の良い市場は日本。世界一のアプリはパズドラ(『パズル&ドラゴンズ』)、世界一の(スマホゲーム)企業はガンホー。日本でヒットすれば、結果的に世界ナンバー1という状況だ。日本市場で手を緩めるわけにはいかない」という。日本市場でヒットしたタイトルの海外展開を考えているものの「『黒猫のウィズ』も良い作品だが世界が取れるような状況にはなっていない」「歴史物はアメリカに受けないなど、日本でヒットしても、海外でヒットするわけではない。開発中の6本のうち4~5本は海外で出す方針だが、これはいけるだろうというのは1、2本くらい」と述べた。

長谷部氏は海外展開について、「決済システムや広告商材など整っている国は自前で、そうでない国はライセンスでやっていく、という基本方針は変わってない」と述べた。『秘宝』や『恐竜』はライセンス、『黒猫のウィズ』は自前で英語版、韓国版を出しており、海外での売り上げは「月でだいたい数千万円」とのこと。「決済や広告の整っている国の代表的なの例は米国だが、それでも広告商材の種類低く、広告効率やユーザーアクティビティはだいぶ低い。市場がきっちり整ったところで、より多くの広告宣伝費を注ぎ込み、日本と同じスタイルでやっていければいいなと考えている」という。


■「孫さんと戦える日が来た」 ソフトバンク×ガンホー×スーパーセル連合超えを意識

どのような成長イメージを抱いているか、という質問も出た。馬場社長は、スマホゲームでは世界1位がガンホー、2位がスーパーセル、3位グループとしてLINE、コロプラ、(米国)Kabamなどが混在し、ガンホーとスーパーセルの連合が圧倒的1位と現状を概観。「我々は1位になりたい。市場規模の半分くらいはとりたい」と目標を語った。ガンホーとともにスーパーセルを買収したソフトバンクの孫正義社長が「ゲームを制するものがスマホコンテンツを制する」と語ったことについて、「これは幸運だ。ついに孫さんと戦える日がきたと、社内は沸いている」と意気込んだ。

今後の成長性については、「ゲーム市場はアーケード、コンシューマー、携帯ゲーム機、PC、モバイル・スマホの5種類があったが、今後は携帯ゲーム機とコンシューマーの市場が縮小し、これがPCとスマホに取り込まれていくとみている。コアゲーマー層はPC、ライトゲーマー層はスマホに向かう。もともとのゲーム市場の一部がスマホに取り込まれることで、より成長できるのではないか」との見方を示した。長谷部氏も「従来型ゲームからスマホへの移行に加え、各レジャーからゲームへの移行も十分出てくると考えている。スマホがこれまでのゲームインフラと違う点は、スマホは生活に必須のインフラであり、ひとりひとりが24時間持つということ。取り込みうる市場の広さはこれまでにない」と長期の成長可能性について触れた。


■関連リンク
決算説明会資料
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コロプラ

企業情報(株式会社コロプラ)

会社名 株式会社コロプラ
URL http://colopl.co.jp/
設立 2008年10月
代表者 馬場功淳
決算期 9月
直近業績 売上高167億6700万円、営業利益57億4400万円、経常利益57億8700万円、当期純利益31億5600万円(2013年9月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3668

株式会社コロプラの求人情報

Unityエンジニア

オンラインスマートフォンアプリ「魔法使いと黒猫のウィズ」「秘宝探偵キャリー」「プロ野球PRIDE]」などや、「Kuma the Bear」ブランドでリリースをしているスマートフォンネイティブアプリの開発を担当いただきます。 オンラインスマートフォンアプリではUnityとHTML5をくみあ...

3DCGゲームグラフィッカー

オンラインスマートフォンアプリ「魔法使いと黒猫のウィズ」「秘宝探偵キャリー」「プロ野球PRIDE」「恐竜ドミニオン」などや、「Kuma the Bear」のブランドでリリースしている、スマートフォンネイティブアプリにおける、3Dで表現する背景やアイテム、キャラクターデザインなどを担当していただ...

2DCGゲームグラフィッカー

オンラインスマートフォンアプリ「魔法使いと黒猫のウィズ」「秘宝探偵キャリー」「プロ野球PRIDE」「恐竜ドミニオン」などや、「Kuma the Bear」のブランドでリリースしている、スマートフォンネイティブアプリのグラフィックデザインをお任せします。 ゲームに登場するキャラクターデザインや...

WEBエンジニア

オンラインスマートフォンアプリ「クイズ魔法使いと黒猫のウィズ」「秘宝探偵キャリー」「プロ野球PRIDE」「恐竜ドミニオン」などや、「Kuma the Bear」ブランドシリーズのスマートフォンネイティブアプリの開発全般をお任せいたします。 既存アプリの運営については、ゲーム内で開催される...

ゲームプランナー/ディレクター

オンラインスマートフォンアプリ「魔法使いと黒猫のウィズ」「秘宝探偵キャリー」「プロ野球PRIDE」「恐竜ドミニオン」などや、「Kuma the Bear」のブランドでリリースしている、スマートフォンネイティブアプリのゲーム設計(世界観も含む)をお任せします。 ディレクター、プログラマー、...

株式会社コロプラのSPECIAL記事

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事