ブレイブ フロンティア(ブレフロ)、エイリム、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームアプリ調査記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エイリムとgumiの英語版『ブレイブ フロンティア』が米国A...

エイリムとgumiの英語版『ブレイブ フロンティア』が米国App Storeで急上昇! トップ20入り間近に迫る、國光氏のコメントも

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
エイリムとgumiが提供中の英語版『Brave Frontier』が米国App Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)で26位まで順位を上げている(日本時間1月23日15時現在。全体では28位)。一時、21位まで上げる場面もあり、いよいよトップ20入りが間近に迫ってきた。Androidアプリ版についても米国Google Playの売上ランキング(ゲームカテゴリー)で28位となっている。

本作は、日本で大ヒットしているスマートフォン向け本格ファンタジーRPG『ブレイブ フロンティア』の英語版にあたる。開発をエイリム、ローカライズをgumiのシンガポール子会社であるgumi Asiaが担当している。配信開始した12月13日から数えて、約1カ月で売上ランキングのトップ30に入ったことになる。プロモーション活動の有無については、gumiによると、先月よりプロモーション活動を実施しているとのこと。

売上ランキングの推移は以下のとおりとなる。




出所:AppAnnie


なお、本件に関する、gumiの國光宏尚氏のコメントは以下のとおり。


米国でのランキング上昇により、本当に良いコンテンツはどの国でも通用することが今回証明できたと思います。No1目指して更に頑張ります!


今回、米国のアプリストアで順位を上げたことは、エイリムとgumiにとっては非常に意義深いことのように思われる。米国を制するものは世界を制するではないが、米国アプリストアで上位に入ると、他の国・地域のアプリストアでもヒットする傾向が強く、今後、欧州展開にあたっても弾みにはなりそうだ。

ちなみに、『ブレイブ フロンティア』については、日本や韓国、台湾、アメリカ以外でもすでに人気となっている。アプリストアの売上ランキングトップ20に入っている国をあげておくと以下のようになる(日本時間1月23日11時時点)。
 
 
■iOSアプリ版
シンガポール:2位
フィリピン:5位
インドネシア:5位
タイ:6位
香港:7位
台湾:9位
マカオ:12位
ベトナム:9位
マレーシア:16位


■Androidアプリ版
シンガポール:3位
香港:4位
台湾:5位
インドネシア:8位
タイ:8位
フィリピン:11位
カナダ:17位


出所: AppAnnie
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( エイリムブレイブ フロンティア(ブレフロ)gumi

企業情報(株式会社エイリム)

会社名 株式会社エイリム
URL http://www.a-lim.co.jp/
設立 2013年3月
代表者 代表取締役社長 髙橋 英士
決算期 4月
直近業績 非開示
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事