KADOKAWAに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > KADOKAWA、14年3月期は減収減益…シネコンと香港子会...

KADOKAWA、14年3月期は減収減益…シネコンと香港子会社の連結離脱で 電子書籍は堅調、『艦これ』も売上貢献

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
KADOKAWA<9477>は4月28日、2014年3月期通期の連結決算を発表した。売上高は前の期比6.5%減の1511億円、営業利益は22.4%減の61億円、経常利益は15.3%減の73億円、純利益は50.6%増の75億円だった。シネコン運営会社と香港の子会社群が連結から離脱したため、減収・営業減益となった。香港子会社の売却で特別利益を計上したため、純利益は増加している。

売上に貢献した作品として、ゲーム分野ではPSP「境界線上のホライゾンPORTABLE」、PSVita「フォトカノKiss」、ブラウザゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」を挙げている。
 

以下、事業別の概要となる。

書籍関連では、ここ数年好調を持続していた文庫やコミックスの売上高が減少したものの、メディアミックス作品展開や新規ジャンルへの進出などで売上は堅調に推移したという。雑誌・広告関連では、収益性は回復しつつあるが、雑誌販売額の減少は続いているという。

映像関連では、シネコン事業を売却し、配給映画のコストコントロールを徹底した。

ネット・デジタル関連では、「BOOK☆WALKER」を中心に積極的なキャンペーンを展開し、電子書籍の売上高をさらに伸ばしているという。

海外関連では、台湾で堅調に推移している出版事業に加え、アニメやグッズの事業展開も推し進めた。香港の連結子会社を売却したことにより売上高が減少したが、関係会社株式売却益を特別利益に計上した。


なお、2015年3月期の業績予想は、算定が困難であるとして、開示を見送った

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KADOKAWA

企業情報(株式会社KADOKAWA)

会社名 株式会社KADOKAWA
URL http://www.kadokawa.co.jp/
設立 1954年4月
代表者 松原眞樹/井上伸一郎
決算期 3月
直近業績 売上高1616億円、営業利益79億円、経常利益86億円、当期純利益50億円(2013年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 9477

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事