任天堂に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 任天堂、14年3月期の連結売上高は10%減の5717億円…営...

任天堂、14年3月期の連結売上高は10%減の5717億円…営業赤字は464億円に拡大、「Wii U」の販売が想定下回る

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
任天堂<7974>は5月7日、2014年3月期の連結決算を発表した。売上高は前の期比10%減の5717億円、営業損益は464億円の赤字(前の期は364億円の赤字)と減収・営業赤字拡大という結果となった。いずれも、今年1月に下方修正した業績計画(売上高5900億円、営業損益350億円の赤字)を下回る内容だった。ニンテンドー3DSのハードのほか、Wii Uのハード、Wii U向けソフトの販売が想定を下回った。

為替相場の円安で為替差益が392億円発生し、経常利益は60億円と黒字を確保した。一方、主に米国における繰延税金資産を取崩した影響で、最終損益は232億円の赤字となった。
 

2015年3月期の業績予想は、売上高が3%増の5900億円、営業利益は400億円の黒字転換を見込む。
 

2015年3月期の販売計画は、ニンテンドー3DSのハードが1200万台、ソフトが6700万本と、いずれも前期から微減を見込む。一方、Wii Uのハードは360万台、ソフト2000万本と増加を見込んでいる。Wii U向けでは、全世界で5月に発売する『マリオカート8』、今年冬に発売する『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の2つのソフトを軸として、順次高品質なタイトルを発売していくという。
 






 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 任天堂

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事