Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【新作特集】ゲーム業界人注目…今後市場を賑やかす厳選10アプ...

【新作特集】ゲーム業界人注目…今後市場を賑やかす厳選10アプリを紹介【2014年6月リリース版】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

駆け込むように各社から新作の発表ラッシュが続くモバイルゲーム市場。今回「Social Game Info」では、2014年6月リリースされた新作タイトルを厳選して10作品を一挙紹介。それぞれ当媒体が“注目した理由(ワケ)”も添えているため、今後の市場動向も踏まえ、ぜひ手隙の際に触れて見て欲しい。
 
 

(1).『サマナーズウォー:Sky Arena』(Com2us)



2014年6月リリースで、恐らく最も注目されたのがCom2usの『サマナーズウォー: Sky Arena』だろう。本作は、個性溢れる1スターモンスターを6スターまで成長させられる育成システムや480種類以上のモンスター、20種類以上の多彩なダンジョンバトルをフル3Dの高品質グラフィックと華麗なエフェクトで表現したスマートフォン向けRPG。

また、各キャラクターの成長に価値を置いた育成システムを通じ、ランダムで上位モンスターを獲得するガチャタイプの合成システムから脱皮し、既存のモンスター収集型RPGと差別化を図っているタイトルだ。『サマナーズウォー』は、2014年4月中旬に韓国にて初公開後、先日の10日に韓国累積ダウンロード100万件を達成するなど引き続き人気を維持しながら現在まで良い成績を見せている。
 


■注目している理由(ワケ)
■15カ国のGoogle Play売上ランキングでTOP10入り(関連記事
■日本ではApp Store売上ランキングで最高22位
■遊びやすいターン制バトルとハコニワ要素が上手く両立

配信日:iOS版/Android版:6月12日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 
 

(2).『HUNTER × HUNTER バトルオールスターズ』(バンダイナムコゲームス)



『ワンピース』に引き続き、バンダイナムコゲームスが贈る「週刊少年ジャンプ」の人気作品のゲーム化、​『HUNTER×HUNTER バトルオールスターズ』。ジャンル名は新感覚リアルタイムハンターアクションゲーム。プレイヤーは、自分だけのオリジナルハンターチームでバトルに挑戦して、ミッションやスカウトを通じて仲間を集めながら、様々な任務をこなしトリプルハンターの称号を目指していく。 なお、原作は6月2日発売の「週刊少年ジャンプ」にて、めでたく連載が再開された。

バトルは画面をスワイプ(指でなぞる操作)して、キャラクターに指示を与えるだけの簡単操作。メンバーチェンジやスキル発動のタイミングを見極めながら、バトルを勝ち抜こう。攻撃力に特化した「ファイター」や遠距離攻撃が可能な「スナイパー」、HPの回復が可能な「ヒーラー」など、ハンターのタイプや様々なスキルを組み合わせることで、戦略的なバトルが展開される。

 
 
■注目している理由(ワケ)
■リリース1ヵ月弱で100万ダウンロードを突破(関連記事
■日本のApp Store売上ランキングで最高20位
■タイミングよく原作も連載再開するなどの話題性あり
 
配信日:iOS版:6月13日、Android版:6月5日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 
 

(3).『トキノラビリンス』(セガネットワークス)

 

セガネットワークスとAppBank GAMESの共同開発アプリ『トキノラビリンス』は、シンプルなタップ操作での移動やコンボをつなぐ爽快なバトル、奥深いストーリーが楽しめるダンジョン探索型RPG。プレイヤーは錬金術の才能を持つひとりの少年。少女・ソフィアと共にミストリアの跡地を訪れた際に出会った時の精霊・クインと、ミストリアが存在していた300年前にワープしたことで、伝説の王国を巡る冒険が始まる。

ダンジョンでは、様々な属性を持つモンスターたちを編成し、霧に隠れた強力な敵に立ち向かっていく。ダンジョンにたちこめる「マナの霧」をタップして力を集めると、味方が攻撃状態になり、コンボ攻撃がさく裂するといった一風変わったプレイスタイルが特徴。
 
 
 
■注目している理由(ワケ)
■リリース1週間以内で30万ダウンロードを突破(関連記事
■日本のApp Store売上ランキングで最高37位
■AppBankが持つメディア力による積極的な露出展開
 
配信日:iOS版:6月27日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 


 

(4).『ポコロンダンジョンズ』(グレンジ)


 
グレンジが贈るなぞるRPG『ポコロンダンジョンズ』は、スマートフォンならではの直観的操作性にこだわって企画・開発された本作は、公式サイトの事前登録数が3万人を超え、配信前から非常に注目されていた。本作は、ダンジョンのフロアに敷き詰められたパズルをなぞってモンスターに攻撃し、ダンジョンを攻略していくパズルRPG。

ダンジョンには強大なボスや様々なトラップが点在。ピンチになったらフレンドが颯爽と登場して助けてくれることもあるほか、ダンジョンで手に入れた素材があれば、武器や防具の生成が可能に。そして同じ色をたくさんつなげればチェインスキルを繰り出すと、モンスターに大ダメージが与えられる。

 
 
■注目している理由(ワケ)
■爆発的な伸びは無いものの、売上ランキングでも安定…最高順位は76位
■キャラクターの道筋を考えるひと筆書きパズルゲームとして非常にユニーク
 
配信日:iOS版:6月25日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 
 

(5).『ザ・リズム・オブ・ファイターズ』(SNKプレイモア)

 

 
​SNKプレイモアのiPhone/Android向けアプリ『ザ・リズム・オブ・ファイターズ - SNKオリジナルサウンドコレクション』(価格:100円)は、リリースわずか1日でApp Store有料ランキングにおいて1位を獲得した注目タイトルである。本作は、「格闘ゲーム」と「音楽ゲーム」が融合した新感覚のリズムアクションゲーム。プレイヤーキャラクターの選択や必殺技の発動、体力ゲージの消費など格闘ゲームならではの要素が取り入れられている。

また、楽曲には「KOF」「餓狼伝説」「メタルスラッグ」「サムライスピリッツ」「龍虎の拳」などの往年のSNK作品からパチスロ楽曲までを多数収録。原曲作家による新規アレンジ曲も用意されているという。今後、追加楽曲も続々と登場する予定だ。操作は、音楽と譜面に合わせて画面をタップするだけのシンプルスタイル。加えて画面のどこをタップしてもOKとのことで、音楽ゲームが苦手な人でも楽しめる。また、一定条件を満たせばプレイヤーキャラクターの超必殺技が発動する演出も本作ならでは。
 

 
■注目している理由(ワケ)
■6地域でApp Store有料ランキング(ゲームカテゴリー)で1位を獲得(関連記事
■往年のSNK楽曲が遊べるのは古参ファンからも高評価
 
配信日:iOS版:6月25日
価格:100円(課金要素あり)
 
 

(6).『かぶりん!』(KLab)

 

​KLab<3656>の新作は、キュートなキャラクター“かぶりん”たちと冒険するぶん投げRPG『かぶりん!』。本作は、かぶりんと呼ばれるキャラクターを育成・強化するRPG要素と、かぶりんを敵に投げたり、ガードしたり、スキルで攻撃したりするアクション要素を融合したスマートフォン向けゲーム。

タップで敵にかぶりんを投げつけて攻撃する簡単操作で、アクションゲームが苦手でも気軽に楽しめるという。かぶりんを盾に使って敵の攻撃をガードしたり、溜め攻撃で敵のガードを破ったり、スキルで大ダメージを与えたりすることも可能。さらに腕を磨いて高得点を目指し、フレンドと競争することもできるようだ。
 
 
■注目している理由(ワケ)
■攻撃と防御の切り替え操作が遊び応えあり
■売上ランキングでは姿を見せていないが8月配信予定のGoogle Play版に期待
 
配信日:iOS版:6月13日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 

(7).『Bubble Witch Saga2』(King)

 

海外タイトルのヒット作として注目したいのは、Kingの新作パズルゲーム『Bubble Witch Saga2』だ。本シリーズと言えば、同じ色のパズル玉を狙って撃って揃えていくパズルゲームとして、Fackbookやスマートフォンアプリなどで人気を博しているパズルゲーム。続編となる『Bubble Witch Saga2』では、前作のダークな雰囲気からガラリと変わり、ポップで明るいイメージへと様変わりした。また、パズル玉の重みでステージの状況がぐるりと回転して、よりテクニックが要されるやり応え抜群のゲーム内容に昇華したようだ。なお、日本リリースは未定。
 
 
 
■注目している理由(ワケ)
■北米Google Play売上ランキングでTOP10入り(関連記事
■『パズルボブル』を彷彿とさせる作品のため日本との親和性も高い
(※まだ日本ではダウンロードできない)
 
配信日:iOS版:6月7日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 
 

(8).『Rival Knights~最後の騎士~』(ゲームロフト)

 

 
ゲームロフトの新作『Rival Knights~最後の騎士~』は、直感的タッチ操作でジョスト(騎士の一騎打ち競技)を楽しめる騎士対戦ゲーム。騎士や馬はモーションキャプチャーでリアルに再現され、3Dグラフィックとダイナミックなカメラアングルが特徴となっている。

高速のジョストで突き飛ばした対戦相手もリアルに表示。騎士や馬のほか、情景も天候や時間帯で変わる、リアルに再現された荘厳な中世の世界でバトルを楽しめる。バトル勝利のカギは、タイミングと狙いの正確性だ。装備も、馬やランス、アーマー、ヘルムなど120を超えており充実。旗もオリジナルにカスタマイズ可能。対戦相手より優位に立てるよう鍛冶屋で装備を強化できる。

 
■注目している理由(ワケ)
■北米App Store売上ランキングでTOP30入り(関連記事
■緊張のトーナメント戦や荘厳な中世の世界観がターゲットにヒット
 
配信日:iOS版/Android版:6月5日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 
 

(9).『Angry Birds Epic』(ROVIO)

 

 
フィンランドのゲーム企業・ROVIOは、大ヒットタイトル『Angry Birds』を題材にした新作RPG『Angry Birds Epic』を配信開始。『Angry Birds Epic』は、これまでの引っ張りアクションとは打って変わって、ファンタジーな世界観で描かれたピギーアイランドで繰り広げられるアドベンチャーアクションRPGとなっている。

プレイヤーは、武器を作り、装甲やポーションなどの素材を収集または購入しながら、ターン制バトルを通してゲームを進めていくのだが、武器の製造や装備強化システムに加え、ゲーム内で発生する見逃せないイベントなど、遊べる要素が沢山詰まっており、カジュアルなプレイヤーはもちろん、ハードコアRPGファンの方でも楽しめる。
 

 
■注目している理由(ワケ)
■北米App Store売上ランキングで最高19位、Google PlayもTOP30入り
■膨大なシリーズファンの存在、グッズ化によるゲーム誘導

配信日:iOS版/Android版:6月12日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 


 

(10).『Kim Kardashian: Hollywood』(Glu)

 

 
Gluが2014年6月24日にリリースした新作アプリ『Kim Kardashian: Hollywood』は、モデル・女優とマルチに活動するセレブ「キム・カーダシアン」を題材にしたアドベンチャーゲーム。プレイヤーは、自分だけのスターセレブを作り、数百種類にも及ぶファッションに身を包んでセレブ生活を気ままに体験していく。また、キム・カーダシアン本人のお気に入りスタイルも収録されている。

ゲーム内では、他のセレブたちや熱烈なファン、しつこいパパラッチとの出会いが待っているほか、キム自身と付き合うことも可能とのこと。また、プレイヤーは映画スターやカバーモデル、ファッションデザイナーなどの多彩な職業を疑似体験できるほか、会員制クラブに高級ブティックなどが完璧にそろったバーチャルなLAも散策できるという。
 

 
■注目している理由(ワケ)
■リリース1週間で北米App Store売上ランキング最高4位(関連記事
■「キム・カーダシアン」本人が実際のゲーム内で登場…相乗効果に期待
■セレブをテーマにした刺激的で豪遊が疑似体験ができるアプリ

配信日:iOS版/Android版:6月24日
価格:基本プレイ無料(課金要素あり)
 
 
 

 

■そのほか見逃せない2014年6月リリースの注目タイトル


■『Q-BLOCK』(Cygames)

・WEB上で人気の3Dドット絵を作成できるサービスのスマートフォンアプリ版
・作品を皆でシェアできるほか、他作品を自分なりにアレンジすることも可能
記事はこちら


■『パパピンボール』(King)

・画面下部にある複数のポットを狙い打つピンボールゲーム
・いつでもどこでもお好きなデバイスで既存のレベルからゲーム再開可能
記事はこちら


■『妖刀 あらしとふぶき -Sword of Twins-』(DeNA)

・いにしえの日本を舞台にした和風パズルRPG
・実在の名刀が擬人化された精霊が登場
記事はこちら


■『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』(スクウェア・エニックス)

・シリーズ初のパーティシステムが話題を呼んだ『ドラゴンクエストII』のアプリ版
・価格は500円で、もちろん追加の課金要素もない
記事はこちら


■『ルミナスハーツ』(エイタロウソフト)

・様々なテイストを持った謎の侵略者たちから世界を守るパズルRPG
・サウンドに往年のタイトー作品の楽曲を手掛けてきた「ZUNTATA」を起用
記事はこちら


■『FantasyxRunners2』(ネクソン)

・横スクロール型のアクションゲームにRPG要素を融合させた作品
・現在10万ダウンロードを突破して、「マギ」とのコラボも展開
記事はこちら


■『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』(DeNA)

・25年以上連載が続く萩原一至氏による同名の人気作品を題材にしたカードバトルRPG
・対象年齢は18歳以上で好みのキャラを集めて自分だけの「ハーレム宮殿」を築くことが可能
記事はこちら


■『ディズニーインフィニティ バトル オブ トイ・マスター』(DeNA)

・ディズニーとディズニー/ピクサーのキャラクターが登場するアドベンチャーゲーム
・作品の垣根を越えて、お気に入りのキャラクターでチームを組める
記事はこちら


■『ステーションメモリーズ!』(コロプラ)

・端末の位置登録機能を利用して日本全国の鉄道駅を集めてまわる駅収集位置ゲー
・パートナー「でんこ」とともに、どれだけ長く駅を保持できるかプレイヤー同士で競い合う
記事はこちら


■『クイズファンタジー 翼のイーリス』(サイバーエージェント)

・サムザップが開発・提供する「Ameba」初のクイズゲーム
・クイズには「Ameba」のブログなどで話題になっている最新ネタや時事ネタも含まれる
記事はこちら


■『ピコットキングダム』(ガンホー)

・王国の住人たちの救出を目指しクエストを攻略していく“かんたんタッチゲー”
・キャラクターをはじめ武器・盾などの装備品が600種類以上
記事はこちら


■『Angel Beats!-Operation Wars-』(ビジュアルアーツ)

・「Angel Beats!」の世界を体験できるソーシャルパズルゲーム
・サービス開始わずか24時間で累計プレイユーザー6万人を突破の人気
記事はこちら


【過去の新作特集】
2014年5月リリース版
2014年4月リリース版


@2014 King.com Ltd. King, the King crown logo, "Bubble Witch 2 Saga" and related marks are trade marks of King.com Ltd or related entities.
@Kyucon.com
@2014 Gameloft. All Rights Reserved. Gameloft and the Gameloft logo are trademarks of Gameloft in the US and/or other countries.
@2014 COM2US
@King.com Limited 2013. All rights reserved.
@DeNA Co., Ltd. 2014.
@POT(冨樫義博)1998年-2011年
@VAP・日本テレビ・マッドハウス
@BANDAI NAMCO Games Inc.
@2014 Rovio Entertainment Ltd. Angry Birds. Privacy Policy EULA
@KLabGames
@1987, 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
@2014 NEXON Korea Corp. & moonrabbit Corp. & NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
@SEGA Networks / @AppBankGames
@2011-2014Grenge, Inc.All Rights Reserved.
@SNK PLAYMORE CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. 
@萩原一至/集英社
@DeNA /Developed by MarvelousAQL
@2013, 2014 Disney. @2013, 2014 Disney/Pixar
@2014 DeNA Co., Ltd.
@早乙女学園/Illustration:倉花千夏・工画堂スタジオ
@GungHo Online Entertainment,Inc.All Rights Reserved.
@VisualArt's/Key @VisualArt's/Key/ProjectABOW
@2014 Glu Mobile Inc. All Rights Reserved. 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事