ファイナルファンタジーレコードキーパー、ディー・エヌ・エー(DeNA)、Google Play、App Store、mobageに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 『FFレコードキーパー』は月商10億円突破 DeNA守安社長...

『FFレコードキーパー』は月商10億円突破 DeNA守安社長「クオリティファーストが浸透した」 オリジナルタイトルやIPタイトルにも自信

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、本日(11月7日)、東京都内で第2四半期(7~9月期)決算説明会を開催し、スクウェア・エニックスとの共同タイトル『ファイナルファンタジー レコードキーパー』が10月の月商が10億円を突破したことを明らかにした。

決算説明会に臨んだ守安 功社長は、「開発面でも昨年の夏からリソースをアプリにシフトし、ヒットが出せなかったが、ゲームエンジンやライブラリなどの蓄積が活かせるようになってきた。また運営面ではブラウザゲームのイベント設計など運営手法が十分通じることもわかった。有力IPの力ということも大きいが、アプリマーケットでの集客ノウハウも積め、今後につながるヒットを作ることができた」とコメントした。

 

 

続けて、今後の戦略についても説明した。まず、『ファイナルファンタジーレコードキーパー』については、ファイナルファンタジーのコアなファン層にリーチできているものの、1、2タイトルを遊んだ経験のあるライト~ミドルのユーザーには十分リーチできていないため、遊んでもらうための取り組みを行っていくという。同時に、自社のオリジナルタイトルの開発や、これまでMobageで提供し、一定の成功を収めてきたIPタイトルのネイティブアプリも提供していく計画だ。特にIPタイトルについては、「当社の開発スタッフもIPの特性を熟知している」と語り、ヒットが期待できるとの見方を示した。

 


会場内からは開発体制についての質問があり、守安氏は「タイトル数をとにかく多く出す方針からクオリティ重視に切り替え、アルファ版からかなり厳しくチェックした。(FFレコードキーパーは)クオリティが充分でないということで何度も作り直したため、当初の予定よりもだいぶ遅れたが、面白いものでなくては意味がない。この結果として、クオリティファーストという意識は社内にもだいぶ浸透したのではないか」と述べ、ネイティブアプリで継続的なヒットタイトルを開発できる体制が整いつつあることを示唆した。

全体的にはポジティブな質問の多い決算説明会という印象を受けたが、決算説明会の詳細レポートについては後日、あらためて掲載する予定。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ファイナルファンタジーレコードキーパーディー・エヌ・エー(DeNA)

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1437億円、営業利益198億円、最終利益113億円(2016年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事