MMD研究所に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【MMD研究所調査】「2015年 スマートフォンゲームアプリ...

【MMD研究所調査】「2015年 スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」を実施 ダウンロードしたきっかけ…TVCMがスマホ広告を抜く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
MMD研究所は、スマートフォンを所有する20歳以上の男女563人を対象に「2015年スマートフォンゲームアプリに関する定点調査」を実施した。
 
調査結果の概要は以下の通りとなる(以下、リリースより)。


■スマートフォンアプリゲームを遊ぶ頻度「毎日」が6.2ポイント上昇
スマートフォンを所有する20歳以上の男女563人を対象に、遊んだことがあるスマートフォンゲームアプリのジャンル(複数回答)を聞いたところ「パズル」が38.2%と最も多く、次いで「育成・箱庭」が16.0%、「シミュレーション」が15.8%という順となった。1年前の調査と比較すると、「育成・箱庭」が3.8ポイント上昇し、「パズル」が1.8ポイント減少した。



次に、スマートフォンゲームアプリ利用経験者(N=312)を対象に、1週間のうちどれくらいの頻度でスマートフォンゲームアプリを遊んでいるかを聞いたところ、どの年代も「毎日」という回答が最も多かったが、中でも40代が最も多く、5割を超える割合で「毎日遊ぶ」と回答した。



また、昨年7月の調査と比べると、「毎日遊ぶ」という回答が、男性で4.7ポイント、女性で8.2ポイントの上昇、全体として、6.2ポイントの上昇が見られた。



続いて、スマートフォンゲームアプリ利用経験者(N=312)を対象に、同時に遊んでいるゲームの数を聞いたところ、最も多かった回答は「0個」で36.5%となり、平行して遊ぶタイトルはないと言う回答が最多となった。また、年代別に見ると、20代では「11個以上同時に遊ぶ」という回答が9.1%あったほか、「3~4個同時に遊ぶ」16.9%、「5~6個同時に遊ぶ」10.4%と、積極的に複数のゲームを同時に遊んでいる傾向が見られた。逆に、40代以降では、「5~6個同時に遊ぶ」はほとんど見られず、年齢と共に同時に遊ぶタイトル数は減る傾向にあることがわかった。



■ スマートフォンゲームアプリをダウンロードしたきっかけ
「テレビCM」が「スマートフォン広告」抜く


スマートフォンゲームアプリ利用経験者(N=312)を対象に、スマートフォンゲームアプリをダウンロードしたきっかけを聞いたところ「TVCMを見て」が27.6%、「スマートフォン広告を見て」が23.1%、「アプリマーケットのランキングを見て」が21.2%となった。なお、2014年12月に行った定点調査では、「TVCMを見て」が22.4%、「スマートフォン広告を見て」が35.9%となっており、今回の調査で逆転する形となった。





■ 20代、30代の約半数がスマートフォンゲームアプリに料金の支払い経験あり
続いて、スマートフォンゲームアプリ利用経験者(N=312)を対象にスマートフォンアプリゲームへの料金支払い経験があるか聞いたところ、45.5%の人が料金の支払い経験があることがわかった。これを年代別に見ると20代、30代の5割以上が料金の支払い経験があることがわかった。



また、以前の定点調査と比較すると、2013年7月から、約2倍になり、2014年7月から3.8ポイント上昇していることがわかった。



※本調査レポートの百分率表示は四捨五入の丸め計算を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。
※全設問のデータ、回答者の属性は会員登録後にダウンロードが可能です。


 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事