gumiに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(9/18)】ユークスが異彩を放つ大幅続伸 「...

【ゲーム株概況(9/18)】ユークスが異彩を放つ大幅続伸 「東京ゲームショウ」での好材料が相次ぐgumiは4日続伸 大手ゲームは軒並みさえない

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
9月18日の東京株式市場では、日経平均株価は4日ぶりに大幅反落し、前日比362.06円安の1万8070.21円で取引を終えた。米FOMC(連邦公開市場委員会)は事実上のゼロ金利政策の維持という結果になったことで、逆に利上げの時期を読みづらくなったとの見方が広がったことや、シルバーウイークの連休控えというタイミングもあって、前日までの上昇分の利益確定売りなどが優勢となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体市場と同様にさえない銘柄が目立ったものの、ユークス<4334>が大幅続伸するなど異彩を放った。特に新しい材料が浮上したわけではないが、主力タイトルである「WWE」シリーズ最新作の発売が迫っていること、そして、6月に『ラブプラス』シリーズなどを手掛けた内田明理プロデューサー入社しており、そろそろ何らかの発表が出てくるのではとの思惑も評価の底流にあるようだ。

また、朝方は売られ場面もあったgumi<3903>は、次第に売り物をこなし、4日続伸となった。Fuji&gumi Gamesの新作モバイルゲーム『誰ガ為のアルケミスト』と『シノビナイトメア』の発表に加え、『ファントム オブ キル』の海外版『PHANTOM OF THE KILL』を今冬に配信予定であることを発表(関連記事)するなど「東京ゲームショウ2015」発の好材料が相次いでいることが引き続き材料視されている。

ほか、クルーズ<2138>やミクシィ<2121>、サイバーエージェント<4751>などがしっかり。

半面、前日急騰したネオス<3627>や、新作タイトル発表を機に急伸していたメディア工房<3815>は利益確定の売り物に押され、任天堂<7974>など大手ゲーム株も軒並みさえない。



■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( gumiユークス

企業情報(株式会社gumi)

会社名 株式会社gumi
URL http://gu3.co.jp/
設立 2007年6月
代表者 國光宏尚
決算期 4月
直近業績 売上高259億円、営業利益16億円、経常利益17億円、最終利益13億円(2017年4月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3903

企業情報(株式会社ユークス)

会社名 株式会社ユークス
URL http://www.yukes.co.jp/
設立 1993年2月
代表者 谷口行規
決算期 1月
直近業績 売上高33.99億円、営業利益6.57億円、経常利益6.85億円、当期純利益4.74億円(2014年1月期)
上場区分 ジャスダック
証券コード 4334

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事