イグニスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > イグニスが大幅高…繁体字版『ぼくとドラゴン』の台湾・香港・マ...

イグニスが大幅高…繁体字版『ぼくとドラゴン』の台湾・香港・マカオ市場向けリリースが材料に 業績立て直し加速への期待高まる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
イグニス<3689>が朝方からから買われて大幅高し、10月19日の戻り高値2621円をザラ場ベースで上回ってきた。

10月27日にSo-net Entertainment Taiwan Limited(So-net台湾)と共同記者発表会を開催し、新感覚スマホRPG『ぼくとドラゴン』の繁体字版をSo-net台湾を通して、台湾・香港・マカオ市場向けにリリースをすることを発表したことが材料視されている。

同社は、国内版の『ぼくとドラゴン』をけん引役に業績の立て直しを進めているが、今回の台湾・香港・マカオ市場への配信決定で、そうした動きがさらに加速するのではとの期待が高まっているようだ。
 
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イグニス

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事