任天堂に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(10/29)】協業アプリのリリースが年内から...

【ゲーム株概況(10/29)】協業アプリのリリースが年内から来年3月に後退したDeNAと任天堂が大幅安 enishは続落し、年初来安値を更新

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
10月29日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら続伸し、前日比32.69円高の1万8935.71円で取引を終えた。前日の米市場高や為替の円安推移を好感し、朝方は1万9000円台を回復してスタートしたものの、追加緩和期待が後退したことなどから値を下げ、一時は前日比マイナス圏まで沈んだ。ただ、後場に入ると次第に盛り返した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、この日はDeNA<2432>と任天堂<7974>が大幅安となったのが、やはり大きく目立った。両社の協業アプリのリリースが当初予定の年内から2016年3月に後ろ倒しとなったことが明らかとなり、前場途中から大きく値を崩す展開となり、DeNAは一時ストップ安まで売り込まれた。

【関連記事】
任天堂、第1弾アプリのリリースを2016年3月に延期

任天堂、2Q営業益は2億円赤字→89億円黒字に大幅黒字転換! 『Splatoon』の242万本大ヒットに続き、『スーパーマリオメーカー』も188万本と好スタート
 

目立って買われる銘柄のない中で、ミクシィ<2121>やドリコム<3793>、gumi<3903>などが健闘。ガンホー<3765>やKLab<3656>もしっかり。ただ、決算発表を控える銘柄が多く、手控えムードが漂っている。

半面、アクセルマーク<3624>は4日連続のストップ高の反動もあって、この日はさすがに反落。前日上昇したイグニス<3689>もさえない。

なお、前日に新株予約権の権利行使による需給への警戒感から売られたenish<3667>は続落し、年初来安値を更新した。



■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ディー・エヌ・エー(DeNA)任天堂

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA))

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1393億円、営業利益275億円、最終利益229億円(2018年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事