コナミホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コナミHD、2Q売上高は9%増、営業益は92%増と大幅増益を...

コナミHD、2Q売上高は9%増、営業益は92%増と大幅増益を達成! 『実況パワフルプロ野球』の貢献などでデジタルエンタテインメント事業が好調

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コナミホールディングス<9766>は、10月30日、国際会計基準(IFRS)による2016年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表、売上高1077億円(前年同期比9.1%増)、営業利益124億円(同92.1%増)、税引前利益121億円(同78.5%増)、最終利益78億円(同2.0倍)となった。
 

各セグメントごとの状況は以下の通り。

①デジタルエンタテインメント事業…売上高517億200万円(前年同期比17.5%増)、セグメント利益126億9500万円(同72.3%増)
モバイルゲームにおいては、『実況パワフルプロ野球』が配信開始以降10ヶ月間で累計1,600万ダウンロードに到達し、事業業績に貢献した。このほかにも『ワールドサッカーコレクション』『クローズ×WORST』『プロ野球ドリームナイン』の各シリーズタイトルや、家庭用ゲーム『ワールドサッカー ウイニングイレブン2015』(欧米向け『Pro Evolution Soccer 2015』)のゲームエンジンをモバイルゲームに最適化させたクラブマネジメントゲーム『ウイニングイレブン クラブマネージャー』(英語名『PES CLUB MANAGER』)などのタイトルも堅調に推移した。

また、海外市場向けは、映画「スター・ウォーズ」を題材にした『Star Wars™: Force Collection(スター・ウォーズ フォース コレクション)』や、『PES COLLECTION』及び『実況倶楽部』が安定した運営を継続している。

家庭用ゲームは、9月に全世界に向けて『メタルギア』シリーズの最新作『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』を発売した。また、発売から20周年を迎え、操作性とリアリティをさらに向上させた『ウイニングイレブン』シリーズの最新作『PES 2016 - Pro Evolution Soccer -』を北米・中南米・欧州・アジア向けに発売した。

アーケードゲームでは、『麻雀格闘倶楽部』や音楽ゲームを中心とした『e-AMUSEMENT Participation』タイトルが安定稼働を続けた。また、ファミリー向けに『祭deフィーバー!!』をリリースしたほか、キッズカードゲーム機『モンスター烈伝 オレカバトル』は、引き続き小学生の男児を中心に根強い人気を集めている。

カードゲームでは、「遊戯王トレーディングカードゲーム」の世界大会を8月に京都で開催するなど、引き続きグローバルに展開した。
 

②健康サービス事業…売上高358億8900万円(同2.9%減)、セグメント利益15億600万円(同80.8%増)
前期に実施した大型施設の退店や受託施設の減少などにより売上高は減少した一方で、施設運営の効率化により費用も減少した。8月に「那須ハイランドゴルフクラブ コナミスポーツクラブ 初心者用ゴルフコース」をオープンしたほか、9月には「グランサイズ恵比寿ガーデン」を新たにリニューアルオープンした。また、家庭用健康サービス商品の開発、製造、販売を担う新会社「コナミスポーツライフ」を10月1日に設立し、事業活動をスタートした
 

③ゲーミング&システム事業…149億7900万円(同9.8%増)、セグメント利益17億3200万円(同13.9%減)
ラスベガスで開催された世界最大級の展示会「Global Gaming Expo(G2E) 」において、初めての展示となる次世代機の「Concerto」に加え、グループのオリジナルコンテンツ「Frogger」を使用した商品など最新のラインアップを披露した。カジノマネジメントシステム「SYNKROS」の北米各州のカジノ施設への導入を順次進め堅調に推移した。9月にはラスベガスにゲーミング機器の第2工場が完成し、開発及び生産能力の増強により、今後世界各地で拡大するゲーミング機器及びカジノマネジメントシステムの需要に対応した。
 

④遊技機事業…売上高53億5400万円(同19.7%増)、セグメント利益2億4700万円(前年同期8億2900万円の赤字)
パチスロ機において、試験方法変更後の新基準にいち早く対応した最新作として、人気のアニメ作品を題材にしたパチスロ「ガン×ソード」の発売に続き、2機種を発売した。グループのオリジナルコンテンツ「スカイガールズ」のパチスロ化第二弾商品として、8月に市場投入したパチスロ「スカイガールズ~ゼロ、ふたたび~」は、斬新なゲーム性を特徴に市場での稼働は好調に推移した。
 

なお、2016年3月期通期の予想については、従来予想から変更なく、売上高2280億円(前期比4.5%増)、営業利益170億円(同11.1%増)、税引前利益160億円(同5.7%減)、最終利益95億円(同4.2%減)を見込む。
 


 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コナミホールディングス

企業情報(コナミホールディングス株式会社)

会社名 コナミホールディングス株式会社
URL http://www.konami.com/
設立 1973年3月
代表者 代表取締役会長 上月 景正/代表取締役社長 上月 拓也
決算期 3月
直近業績 売上高及び営業収益2181億円、営業利益144億円、最終利益94億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部(ロンドンの取引所にも上場)
証券コード 9766

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事