アエリアに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(11/18)】アエリアが急反発…子会社リベル...

【ゲーム株概況(11/18)】アエリアが急反発…子会社リベルの『アイ★チュウ』のTVCM放映が刺激に スクエニHDは直近安値水準まで売られる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
11月18日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら続伸し、前日比18.55円高の1万9649.18円で取引を終えた。朝方は欧米株式市場の動きや、為替の円安推移を受けて買い先行でスタートしたが、2万円円台大台の接近で心理的な重しが働いたほか、エールフランスの航空機が爆破予告を受けたとのニュースが伝わって、次第に上げ幅を縮小した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アエリア<3758>が前場引け間際に急騰し、一気に1300円台まで乗せる場面があるなど急反発した。アエリアは、子会社リベルの『アイ★チュウ』がTOKYO MX深夜アニメ放送枠を中心にテレビCMを放映(関連記事)すると発表したことも材料視されたようだ。

また、ミクシィ<2121>やenish<3667>、ネクソン<3659>、サイバーエージェント<4751>なども買われた。ミクシィは全体市場が膠着する中で、東証1部の主力株から出遅れ感の強い新興市場銘柄に市場の資金が向かったことが追い風として働いた側面もあるもよう。

半面、Aiming<3911>が反落したほか、スクウェア・エニックスHD<9684>やマーベラス<7844>などがさえない。スクエニHDは、直帰の安値2835円を割り込む目前まで売られてきており、このまま下値模索に進むのか注意しておく必要がありそうだ。



■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アエリア

企業情報(株式会社アエリア)

会社名 株式会社アエリア
URL http://www.aeria.jp/
設立 2002年10月
代表者 長嶋貴之、小林祐介
決算期 12月
直近業績 売上高59億600万円、営業損益15億9600万円の赤字、経常損益14億2000万円の赤字、当期純損益21億4700万円の赤字(2016年12月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3758

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事