ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)、KLab、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【オリコン顧客満足度ランキング】「ゲームアプリ 年間ランキン...

【オリコン顧客満足度ランキング】「ゲームアプリ 年間ランキング」Best30を発表 1位は『ラブライブ!スクフェス』、メーカーでも「KLab」が首位

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ

オリコンは、過去1年以内にスマートフォン/タブレットユーザーでスマートフォン/タブレットのゲームアプリを利用している37,624人を対象に調査した、「ゲームアプリ2015年間」のランキング上位30タイトルと、併せて「ゲームアプリメーカーランキング」を発表した。

<以下、プレスリリースより>

 
 1:年間でも1位!今年を席巻したゲームは【ラブライブ!】
今年の1月『2015冬』から春、夏、秋の計4回の調査を行ってきた『ゲームアプリランキング』の、集大成ともいえる『年間ランキング』を発表。調査人数延べ37,624人、対象タイトル377中で1位に輝いたのは、リズム&アドベンチャーゲーム【ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル】だった。同タイトルは、これまでに『冬』、『春』、『秋』で1位、『夏』のみ2位にランクインしてきた人気作。『年間』では、2位に3ポイント近くの大差をつける結果となった。
評価項目総合2位には【怪盗グル―のミニオンラッシュ】、3位に【チェインクロニクル】、4位【消滅都市】、5位【おさわり探偵NEOなめこ栽培キット】と、いずれも安定した人気をキープしているタイトルが並ぶ。10位の【実況パワフルプロ野球】は、唯一「スポーツ・レース」ジャンルからのランクインタイトルとなった。



【ラブライブ!】高い満足度をキープし続けた要因
大ヒットアニメ「ラブライブ!」のキャラクターが登場する【ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル】は、大量のオリジナルイラストに、フルボイスで展開されるオリジナルストーリーが原作ファンをはじめ多くの人の心を捉えた。また、キャラクターたちが歌う楽曲も70曲以上収録というボリューム感で、ゲームの枠を超えたファンを獲得している。

リアルでさまざまなイベントを仕掛けていることも盛り上がりの一因だろう。無料でダウンロードでき「ラブライブ!」シリーズの入門としての役割を担っていることも合わせ、こうした幅広い層へのアピールに成功したことが高い満足度をキープしている要因と言える。

評価項目別に見ていくと、全13項目中、「キャラクターデザイン」「UI・デザイン」「システム・ゲーム性」「音楽」「運営・サポート対応」「イベント・キャンペーン」「達成感」の7項目でトップ。そのほか、年代別、男女別、課金経験別でも1位と圧倒的な支持を集めている。

≪評価項目別ランキング≫(※クリックで拡大)


2 大人気ジャンル「パズル」では【ツムツム】、「RPG」は【チェインクロニクル】
ジャンル別ランキングでは、ゲームアプリの2 大人気ジャンルともいえる「パズル」、「RPG」では、それぞれ【LINE:ディズニー ツムツム】、【チェインクロニクル】が1 位となった。

ディズニーキャラクターが丸くデフォルメされたぬいぐるみ「ツムツム」をつなげていくパズルゲーム【~ツムツム】は、いまや通勤・通学の車内で必ずプレイしている姿を見かけるほど、パズルゲームの代名詞となったタイトル。シンプルなゲームシステムに、ゲームの制限時間は1 分間と気軽に楽しめること、さらにいろいろな「ツムツム」を集めていくというコレクション要素もあり、ハマるユーザーが続出した。項目別「達成感」で【ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル】に次ぐ2 位、「UI・デザイン」「やり込み要素」で3 位となっている。



【チェインクロニクル】はセガによる本格シナリオRPG。石田彰、佐倉綾音、内田真礼ら人気声優たちが出演しているほか、「ストリートファイター」シリーズで知られる西村キヌら有名イラストレーターを多数起用するなど豪華さが目を引く。さらに登場キャラクターは総勢約500名で、そのひとりひとりにストーリーが用意されているという壮大な世界観も特徴だ。評価項目総合で3 位にランクインしたほか、RPG ジャンルの重要項目「ストーリー」で2 位となった。(※この他に「アーケード」、「ストラテジー」など、ジャンル別は合計12 ジャンル発表)



評価項目総合:顧客満足度の高い『ゲームアプリ 年間ベスト30』(※クリックで拡大)


2:『ゲームアプリメーカーランキング』では【KLab】
>>各社の強みを生かしたタイトルで高満足度
今回の調査では顧客満足度の高いゲームアプリメーカーのランキングも発表された。175社を対象にした調査において、評価項目総合で1位となったのは、「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」を手掛ける【KLab】。75.67という高い満足度で、ゲームタイトルとのダブル1位を獲得した。

2位は、『ゲームアプリ2015年間ランキング』で2位となったタイトル「怪盗グルーのミニオンラッシュ」を手掛ける【ゲームロフト】。3位には、前述の年間ランキングで「チェインクロニクル」と激しく3位を争った「消滅都市」の【Wright Flyer Studios】が入った。

4位のマーベラスは、「剣と魔法のログレスいにしえの女神」のメーカー。同タイトルは、前述の年間ランキングの順位こそ20位だが、累計700万ダウンロードを誇る人気タイトルであり、王道RPGメーカーとしての地位を確立しているといえるだろう。いずれのメーカーも、その“作風”というよりは、特定のビッグヒットタイトルが評価に直結していることが見て取れる結果となった。



>>ユーザーの重視項目は「システム・ゲーム性」、「キャラクターデザイン」に比重
『ゲームアプリメーカーランキング』でユーザーが重視する項目を聞いたところ、15.35%と最も多くの人が重視すると回答したのは「システム・ゲーム性」。次いで「キャラクターデザイン」(14.84%)となっており、この2項目の比重が高いことがわかった。一方、「ストーリー」(9.74%)や「オリジナリティ」(3.28%)などは一桁にとどまっている。

≪ユーザー重視度(一部)≫


『ゲームアプリ2015年間ランキング』でこの項目を見ると、「システム・ゲーム性」でトップとなっているのは【ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル】。「キャラクターデザイン」でも2位となっており、やはり人気タイトルとメーカーの満足度は、密接な関係にあることがわかる。

調査概要
◇調査対象ゲーム数…377タイトル/調査企業数…175社
◇調査期間:[冬]2014/11/22~12/01[春]2015/01/29~02/05[夏]2015/05/08~05/15[秋]2015/09/25~10/01
◇調査対象性別:指定無し/年齢:10代以上/地域:全国
条件…過去1年以内にスマートフォン/タブレットユーザーでスマートフォン/タブレットのゲームアプリを利用している人


■オリコン日本顧客満足度ランキング
 

公式サイト





(C)2013 プロジェクトラブライブ!
(C)KLabGames
(C)bushiroad All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ブシロードKLabラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)

企業情報(株式会社ブシロード)

会社名 株式会社ブシロード
URL http://bushiroad.com/
設立 2007年5月
代表者 木谷高明
決算期 7月
直近業績 売上高150億1400万円(2012年7月期)
上場区分 非上場
証券コード

企業情報(KLab株式会社)

会社名 KLab株式会社
URL http://www.klab.com/jp/
設立 2000年8月
代表者 真田哲弥
決算期 12月
直近業績 売上高195億6600万円、営業利益12億7400万円、経常利益8億3000万円、当期純損益8億1400万円の赤字(2016年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3656

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事