ケイブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(1/14)】ほぼ全面安商状の中でコムシードが...

【ゲーム株概況(1/14)】ほぼ全面安商状の中でコムシードが高い 6四半期ぶり黒字化のケイブは好材料出尽くしに ガンホーとグリーが底堅さ見せる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
1月14日の東京株式市場では、日経平均株価は大幅反落し、前日比474.68円安の1万7240.95円で取引を終えた。寄り付き前に発表された昨年11月の機械受注が市場予想を下回ったことで市場心理が大きく悪化、一時は下げ幅700円超まで売り込まれる展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体市場と同様にほぼ全面安の商状の中で、コムシード<3739>が強さを見せた。なお、同社は前日に『グリパチ』で『CR 麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~ 299ver.』を配信開始すると発表(関連記事)しているが、むしろ行き場を失った資金が軽量株として同社に向かったという側面の方が大きそうだ。

また、ガンホー<3765>とグリー<3632>が場中のマイナス推移から、大引けにかけて前日比変わらずまで回復するなど底堅さを発揮した。

半面、前日に発表した第2四半期決算で、第2四半期期間(9~11月)が6四半期ぶりの黒字化(関連記事)となったケイブ<3760>は、むしろ好材料出尽くしとの見方から売りが先行。Aiming<3911>やモブキャスト<3664>、イグニス<3689>などの下げもきつい。
 


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ケイブコムシード

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 高野 健一
決算期 5月
直近業績 売上高16億6400万円、営業損益4億5500万円の赤字、経常損益4億8500万円の赤字、当期純損益7億2800万円の赤字(2015年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事