Aimingに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(1/28)】新作『12オーディンズ』の配信開...

【ゲーム株概況(1/28)】新作『12オーディンズ』の配信開始を材料にenishがS高 Tencentからスマホゲームの国内配信権取得のAimingも高い

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
1月28日の東京株式市場では、日経平均株価は反落し、前日比122.47円安の1万7041.45円で取引を終えた。米FOMC(連邦公開市場委員会)において、金融政策の現状維持が決定されたことで、米国市場が下落。その流れを引き継ぐ形で国内市場も朝方から売り先行でスタートした。その後、前場引けにかけて大きく買い戻され、小幅続伸する形で前場は取引を終えていたものの、今度は日銀の金融政策決定会合を警戒する形で値を崩した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、enish<3667>が午前中からストップ高に張り付いたまま推移するなど強さを見せた。enishは、1月26日に待望の新作RPG『12オーディンズ』のAndroid版を配信開始(関連記事)したことが市場から材料視されたもようだ。

また、中国Tencentからスマホゲーム『天天伝奇(日本名:未定)』の日本での独占配信権を取得したことを発表(関連記事)したAiming<3911>も高く、大手ゲーム株ではコーエーテクモHD<3635>が大幅高した。ほか、オルトプラス<3672>が連日のストップ高となるなど、急落銘柄の買い戻しの動きも継続した。

半面、前日発表の2016年9月期第1四半期決算の数字を好感し、朝方は買い先行となっていたコロプラ<3668>は、買い一巡後に利益確定の売りに押されて小安く、前日はストップ高していたシリコンスタジオ<3907>も小反落した。

【関連記事】
【コロプラ決算説明会】『白猫』の好調持続と『黒猫』の1年半ぶり増収で業績拡大 海外売り上げも過去最高に VR元年に向け投資も着々

主力株ではDeNA<2432>やミクシィ<2121>もさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社Aiming)

会社名 株式会社Aiming
URL http://aiming-inc.com/
設立 2011年5月
代表者 椎葉 忠志
決算期 12月
直近業績 売上高68億2900万円、営業損益29億4900万円の赤字、経常損益29億4700万円の赤字、最終損益29億7200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3911

企業情報(株式会社enish)

会社名 株式会社enish
URL http://www.enish.jp/
設立 2009年2月
代表者 安徳孝平
決算期 12月
直近業績 売上高43億8200万円、営業損益9億1400万円の赤字、経常損益9億1100万円の赤字、当期純損益9億8200万円の赤字(2017年12月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3667

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事