ディー・エヌ・エーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(3/22)】円安や『Miitomo』の好スタ...

【ゲーム株概況(3/22)】円安や『Miitomo』の好スタートで任天堂が大幅高 『Miitomo』関連ではDeNAも高い アカツキはS高で公開価格を回復

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
連休明けとなる3月22日の東京株式市場では、日経平均株価は5営業日ぶりに反発し、前日比323.74円高の1万7048.55円で取引を終えた。海外株式市場の落ち着きや為替が1ドル=112円台と円安方向に振れたことなどを背景に前週末まで4日続落に対する買戻しの動きが目立った。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、為替の円安推移を追い風に任天堂<7974>が大幅高した。加えて、任天堂は、同社初のスマートデバイス向けアプリ『Miitomo』が配信わずか3日でユーザー数100万人を突破(関連記事)したことも好材料と受け止められているようだ。
 

また、『Miitomo』関連では、協業先のDeNA<2432>も同じく大幅高した。
 

ほか、大手ゲームではコーエーテクモHD<3635>が高く、サイバーエージェント<4751>やエイチーム<3662>なども買われた。

半面、モブキャスト<3664>やenish<3667>、アクセルマーク<3624>などが売られ、イグニス<3689>やコロプラ<3668>もさえない。

上場初日、2日目と厳しい値動きが続いていたアカツキ<3932>は、この日は一転してストップ高となり、公開価格の1930円を上回って取引を終えた。週末19日のApp Store売上ランキング(ゲームカテゴリー)で『ドラゴンボールZドッカンバトル』が首位を獲得したことなどが見直しのきっかけとなったようだ。

【関連記事】
【App Storeランキング(3/19)】世界5000万DL突破の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が首位! DMM『刀剣乱舞』も初のTOP10入り!


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 任天堂ディー・エヌ・エー

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

企業情報(株式会社ディー・エヌ・エー)

会社名 株式会社ディー・エヌ・エー
URL http://dena.jp/
設立 1999年3月
代表者 守安 功
決算期 3月
直近業績 売上収益1437億円、営業利益198億円、最終利益113億円(2016年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 2432

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事