Live Nation Japanに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > Live Nation Japan、ゲーム音楽クラブイベント...

Live Nation Japan、ゲーム音楽クラブイベント「EDG音撃-EDM IS GAME-」を5月22日に開催決定 最新のゲームミュージックを紹介

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
Live Nation Japanは、5月22日に、渋谷のSocial Club Tokyoにて、ゲーム音楽クラブイベント「EDG音撃-EDM IS GAME-」を開催することを発表した。

「EDG音撃-EDM IS GAME-」(EDGエッジ/Electronic Dance Game music)は、EDMを自らのスタイルに取り入れたゲームミュージックのアーティストを招き、メーカーの垣根を越え、ゲームミュージックファン、ダンスミュージックファンに最新のゲームミュージックを紹介する。

今回は、ゲームミュージック界においていち早くEDMを標榜した佐野電磁(DETUNE Ltd.)と加藤浩義(ノイジークローク)によるユニット・SATO(sanodg & kato [noisycroak])をメインアクトに迎えるほか、『Deemo』『Cytus』などに楽曲提供を行ったswitchworks、『消滅都市』『クラッシュフィーバー』を担当した加藤浩義、自社コンテンツを積極的にEDM化しているMitsuTheGrizzly(ポケラボ)などなど、選りすぐりのDJ陣を揃えている。

また、B1Fのラウンジフロアでは、出演者、協賛メーカーによる音楽CDなどの物販のほか、一般枠より結集させたゲームミュージック・ラウンジDJも楽しめる。


<開催概要>
公演名:EDG音撃–EDM IS GAME–
 
日時:2016年5月22日(日曜) 15時開場 15時半開演
 
場所:Social Club Tokyo
東京都渋谷区渋谷2‐17‐3 渋谷アイビスビル B1F/B2F
 
出演:SATO(sanodg & kato [noisycroak])、switchworks、MitsuTheGrizzly(ポケラボ)、G☆E、SAK.、加藤浩義&川越康弘(noisycroak)
 
チケット:前売り3,500円 当日4,000円(+ドリンク代)
 
主催:Live Nation Japan
 
協力:VIDEO GAME BAR 16SHOTS、DETUNE Ltd.、
株式会社ノイジークローク、株式会社ポケラボ、Waseda Entertainment.LLC.
 
企画制作:U.K Bridge
 
<チケット情報>
e+(イープラス)
http://eplus.jp/edg/


アーティストプロフィール
●SATO(sanodg & kato [noisycroak])(セイトウ)

タイトー社の音楽ゲーム『グルーヴコースター』への楽曲提供をきっかけに、『DDR』シリーズ、『消滅都市』のノイジークローク加藤浩義と『リッジレーサー』『鉄拳』の佐野電磁、ゲーム音楽家二人で結成された EDM ユニット。「EDM はとにかくパーティーを盛り上げるツールであって、これに音楽性を求めるな!EDM IS GAME! EDM は音楽じゃない、ゲームだ!」オリジナルフルアルバム「EDM IS GAME」も4月末にリリース。



●G☆E

合い言葉は『GAME IS FASHION!!』、大阪 8bit シーン live&fashion 集団【Command?】所属。幼き頃から GAME と GAME SOUNDと共に成長し、アビリティ【GAME REMiXERS DJ】を覚える。ゲーム好きがリミットブレイクし、様々なゲームサウンドや効果音、電子音で、私式 GameDance Music(EDM/Dub…)を編曲制作。以降、SQUARE ENIX music より、『KINGDOM HEARTS TRIBUTE ALBUM』にクレジットされるほか、都道府県各地や海の向こう側で、頭に【スーパーファミコンのコントローラー】を装備し、聴いた事のある 16bit 音をひねりの効いた重い bass 音と共に斬新にメイクしてドロップし、大暴れして解き放つ SUPER Famicom MONSTER GIRL となる。好きな言葉は、【宇宙の法則が乱れる】である。

GameMusic Edit 音源(sound Cloud)、スケジュール等は
【G☆E サイト】
http://g-e-game.jp/
【twitter】
https://twitter.com/g_esfc
【SoundCloud】
https://soundcloud.com/g_egame



●MitsuTheGrizzly

■name:MitsuTheGrizzly(ミツ ザ グリズリー)

■team:POKELABO SOUND TEAM に在籍する KenTheGrizzly、MasaTheGrizzly そして MitsuTheGrizzly の 3 人組からなる音楽プロデューサーユニット“GrizzlyWorks”(会社非公認)に所属。

■studio:六本木ヒルズ

■biography
2015 年 7 月、POKELABO SOUND TEAM に加入。
2015 年 9 月、GrizzlyWorks を結成(リーダーは HipHop 担当の KenTheGrizzly)
2015 年 10 月、ゲームミュージックを EDM アレンジした 『POKELABO×EDM』をリリースし、iTunes Store エレクトロニック部門で 8 位にランクイン。
■URL:http://pokelabo.co.jp/creative-blog/?p=1350



●switchworks

コンポーザーかピアニストか DJ か VJ か IT 屋さんかグラサン。『Deemo』『Cytus』『ゲーセンラブ。』『エスプガルーダ』 ほか



●加藤浩義&川越康弘(noisycroak)

加藤浩義
株式会社ノイジークローク執行役員兼作曲家。『消滅都市』、『クラッシュフィーバー』、『DanceDanceRevolution』シリーズ、『龍が如く』シリーズなどで楽曲制作を担当。また佐野電磁氏との EDM ユニット「SATO」にて『グルーヴコースター』に楽曲を提供。ユニットダンス、クラブ系やデジタルロックなどアッパーな楽曲を得意とする。過去には浜崎あゆみのリミックスや小柳ゆきのアルバムでの作曲・編曲などの経験もある。

川越康弘
株式会社ノイジークローク制作本部長として、サウンドプロデュース、ディレクション、作曲などを行う。代表作に『消滅都市』、『ポケモン不思議のダンジョン ~マグナゲートと∞迷宮~』など。オーケストラをはじめとするアコースティックなサウンドを得意としつつ、「まだ誰も聞いたことのない音」を目指して機材と対峙している時間が至福のとき。近年では加藤とともに DJ パフォーマンスを披露する機会も増えている。



●SAK.
近年ゲームミュージックの分野で EDM 等のダンスミュージックを中心に注目度を増している歌姫(ディーヴァ)。ゴスペル・R&B を土台にしたパワフルさと繊細さを兼ね備えた歌声、またコーラスワークに見られる確かな技術でますます活動の幅を広げている。

参加作品
『消滅都市』『グルーヴコースター』『DanceDanceRevolution』(歌唱)『タイムトラベラーズ』(英訳詞)他。2016 年発売 SATO フルアルバム『EDM IS GAME』では「TAKING OFF」「MAYBE INTIME」の 2 曲で参加(歌唱・作詞)。




■関連サイト
 

公式サイト

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Live Nation Japan

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事