任天堂に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(7/19)】任天堂が3万円台を回復…『ポケモ...

【ゲーム株概況(7/19)】任天堂が3万円台を回復…『ポケモンGO』好調やみずほの目標引き上げで カプコンも大幅高 モブキャストは材料出尽くしに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
7月19日の東京株式市場では、日経平均株価は3連休を挟んで6営業日続伸となり、前日比225.46円高の1万6723.31円で取引を終えた。NYダウが過去最高値となるなど米国市場の強い展開を受けて、国内市場も朝方から買い先行の展開となった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、任天堂<7974>が3日続伸となり、約6年3ヶ月ぶりとなる3万円台を終値ベースで回復した。引き続き海外で好調な推移を見せる『ポケモンGO』が評価材料となっているほか、みずほ証券が投資判断「買い」を継続し、目標株価を2万2500円から3万1000円に引き上げたことも追い風となったようだ。

同じくレーティングを材料に大幅高を演じたのが、カプコン<9697>だ。カプコンは、東海東京調査センターが新規に投資判断「アウトパフォーム」とし、目標株価3200円でカバーを開始したことが好感された。この2社に引っ張られるように大手ゲーム株は軒並み高となり、ミクシィ<2121>やサイバーエージェント<4751>、グリー<3632>、DeNA<2432>も買われた。

半面、新作『LUMINES パズル&ミュージック』を日本で先行配信開始(関連記事)したモブキャスト<3664>は、目先の材料が出尽くしたとの見方から売られ、位置情報ゲーム関連として物色されていたモバイルファクトリー<3912>も朝方に5180円の年初来高値を付けた後、利益確定の売りに押される形でストップ安した。

前週末15日に上場したLINE<3938>は、初値が公開価格を48.4%上回ったこともあって、手じまい売りが優勢な展開となり、4000円を割り込んで取引を終えた。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カプコン任天堂

企業情報(株式会社カプコン)

会社名 株式会社カプコン
URL http://www.capcom.co.jp/
設立 1983年6月
代表者 辻本春弘
決算期 3月
直近業績 売上高642億円、営業利益105億円、経常利益108億円、当期純利益66億円(2015年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 9697

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事