モバイルファクトリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(7/22)】『ポケモンGO』関連の思惑でカヤ...

【ゲーム株概況(7/22)】『ポケモンGO』関連の思惑でカヤックが大幅高 業績予想増額&株式分割発表でモバファクも後場急騰 任天堂は往って来いに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
7月22日の東京株式市場では、日経平均株価は反落し、前日比182.97円安の1万6627.25円で取引を終えた。為替が1ドル=105円台半ばまで急速に円高に振れたことで利益確定の売りが全体に広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、カヤック<3904>が大幅高した。カヤックは、スマートフォンゲームコミュニティサービス「Lobi」が本日配信開始となった『ポケモンGO』に絡んで賑わうとの見方から関連銘柄として物色を集めたようだ。

また、モバイルファクトリー<3912>も後場に入って急騰した。モバイルファクトリーは、前場引け後に第2四半期決算の発表とともに、2016年12月期通期の業績予想の上方修正と、9月末割当の1対2株の株式分割を発表したことが材料視された。

【関連記事】
モバイルファクトリー、『駅メモ』好調を受けて16年12月期の営業益予想を13%上方修正 2Qの営業益も2.2倍に 位置ゲームの売上高はQonQで14%増(グラフ追加・追記)

モバイルファクトリー、1対2株の株式分割を実施…投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図るため 期末配当予想も実質上方修正へ
 
 
ほか、シリコンスタジオ<3907>やモブキャスト<3664>も大幅高した。シリコンスタジオは、米国の大手資産運用会社ブラックロックによる大量保有が明らかになったことが刺激材料となったもよう。

一方、任天堂<7974>は、『ポケモンGO』の配信開始を受け、一時3万円に迫る2万9920円まで買われたものの、買い一巡後は上げ幅を縮小し、前日に2016年9月期の第3四半期決算を発表したサイバーエージェント<4751>は、これでひとまず材料出尽くしとの見方から売られた。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( モバイルファクトリーカヤック

企業情報(株式会社モバイルファクトリー)

会社名 株式会社モバイルファクトリー
URL http://www.mobilefactory.jp/
設立 2001年10月
代表者 宮嶌 裕二
決算期 12月
直近業績 売上高20億7200万円(前の期比18.3%増)、営業利益6億1100万円(同94.6%増)、経常利益6億1100万円(同100.0%増)、最終利益4億1100万円(同122.2%増)(2016年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3912

企業情報(株式会社カヤック)

会社名 株式会社カヤック
URL http://www.kayac.com/
設立 2005年1月
代表者 柳澤大輔/貝畑政徳/久場智喜
決算期 12月
直近業績 売上高54.97億円、営業利益6.43億円、経常利益6.87億円、純利益4.77億円(2016年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3904

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事