任天堂に関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(7/25)】『ポケモンGO』による業績貢献期...

【ゲーム株概況(7/25)】『ポケモンGO』による業績貢献期待のはく落で任天堂がS安 通期予想増額と株式分割発表でモバファクがS高

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
7月25日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅続落し、前日比6.96円安の1万6620.29円で取引を終えた。今週より主要企業の4~6月決算発表が本格化することから市場全体に様子見ムードが強まった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前週末にかけては『ポケモンGO』への期待感から買い基調が続いていた任天堂<7974>が終値ベースでストップ安となるなど急落した。任天堂は前週末に『ポケモンGO』による同社の2017年3月期業績に与える影響は限定的との発表(関連記事)を行っており、業績への貢献期待による買いがはく落する格好となった。

一方、位置情報ゲーム関連でも対照的に買われたのは、モバイルファクトリー<3912>だ。こちらは前週末に第2四半期決算の発表とともに2016年12月期通期の業績予想の増額修正と9月末割当での1対2株の株式分割の実施を発表しており、前週末の後場からの上昇の流れを引き継ぐ形になっている。

【関連記事】
モバイルファクトリー、『駅メモ』好調を受けて16年12月期の営業益予想を13%上方修正 2Qの営業益も2.2倍に 位置ゲームの売上高はQonQで14%増(グラフ追加・追記)
モバイルファクトリー、1対2株の株式分割を実施…投資家層の拡大と株式の流動性の向上を図るため 期末配当予想も実質上方修正へ
 
 
ほか、モンストアニメの映画化を発表したミクシィ<2121>や、ドイツ証券が目標株価を6400円から7200円に引き上げたサイバーエージェント<4751>などが買われ、ドリコム<3793>やLINE<3938>なども高い。

半面、大手ゲーム株は軒並み安となり、前週末に『ポケモンGO』関連として物色が入ったカヤック<3904>も利益確定の売りに押されて大幅反落した。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 任天堂モバイルファクトリー

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

企業情報(株式会社モバイルファクトリー)

会社名 株式会社モバイルファクトリー
URL http://www.mobilefactory.jp/
設立 2001年10月
代表者 宮嶌 裕二
決算期 12月
直近業績 売上高20億7200万円(前の期比18.3%増)、営業利益6億1100万円(同94.6%増)、経常利益6億1100万円(同100.0%増)、最終利益4億1100万円(同122.2%増)(2016年12月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3912

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事