ドリコムに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報】ドリコム、第1四半期は営業益2.33億円と黒字転換…...

【速報】ドリコム、第1四半期は営業益2.33億円と黒字転換…他社版権ゲームや『フルボッコ』好調で、ブラウザゲームも売上キープ【追記】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ドリコム<3793>は、7月27日、第1四半期(2016年4~6月期)の連結決算を発表し、売上高17億5000万円(前年同期比7.1%増)、営業利益2億3300万円(前年同期2億0500万円の赤字)、経常利益2億2200万円(同2億1000万円の赤字)、最終利益1億1500万円(同1億5300万円の赤字)と、増収・黒字転換に成功した。

 


同社では、他社配信アニメ版権ゲームが引き続き安定的に推移した、としている。5月にはリリース2周年を記念したイベントを実施し盛況を博したほか、海外版では5月に配信地域が拡大されるとともに好調なスタートを切り、想定を上回る売上寄与になった。また、オリジナルゲーム「フルボッコヒーローズ」も引き続き他社コンテンツとコラボレーションを実施し、ユーザー層を拡大して、売り上げを伸ばしたという。既存「ちょこっとファーム」や「陰陽師」といったブラウザゲームも、リリースからの経年に抗い、売上水準を維持したとのこと。広告メディアサービスの赤字幅縮小も寄与した模様。

セグメント別の状況は以下のとおり。

①コンテンツサービスは、売上高14億7900万円(同0.7%増)、セグメント利益299,224千円(前年同期3800万円の赤字)だった。
②広告メディアサービスは、売上高3億円(同16.3%増)、セグメント損益5800万円の赤字(前年同期1億4500万円の赤字)だった。


 
【追記】

第1四半期の前四半期との比較(QonQ)を見ると、売上高が6.3%増、営業利益が106.2%増、経常利益が111.4%増、最終利益が59.7%増とQonQで大幅な増益を達成した。続く第2四半期については、売上高15億5000万円(同11.4%減)、営業利益6700万円(同71.2%減)、経常利益7800万円(同64.9%減)、最終利益3500万円(同69.6%減)を見込む。

 
【ドリコムの四半期売上高・営業利益の推移(億円)】


 
■第2四半期の業績見通し

第2四半期累計(2016年4~9月期)は、売上高33億円(前年同期比0.9%減)、営業利益3億円(黒字転換)、経常利益3億円(同黒字転換)、最終利益1億5000万円(同黒字転換)と第1四半期に続いて黒字転換を見込む。2017年3月通期の見通しは非開示。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ドリコム

企業情報(株式会社ドリコム)

会社名 株式会社ドリコム
URL http://www.drecom.co.jp/
設立 2001年11月
代表者 内藤裕紀
決算期 3月
直近業績 売上高65億3400万円、営業損益2億0600万円の赤字、経常損益2億1700万円の赤字、最終損益5億3700万円の赤字(2016年3月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3793

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事