ROCK MUSICAL BLEACH、ネルケプランニングに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【イベント】「ROCK MUSICAL BLEACH」~もう...

【イベント】「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~“ロックと剣劇”をコンセプトにしたあの伝説の舞台が復活!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加


ネルケプランニングは、本日7月28日より、累計発行部数8,600万部を超える大人気漫画「BLEACH」(原作:久保帯人 集英社「週刊少年ジャンプ」連載)を舞台化した「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~を上演する。

「ROCK MUSICAL BLEACH」は、2005年8月に初めて舞台化され、“ロックと剣劇”をコンセプトに舞台シリーズ化。2012年までの間に、累計で18万人もの観客を動員している。その後も、数多くのファンに上演を切望されており、2.5次元ミュージカルが社会現象となっている今、満を持しての復活となった。

「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~では、長く愛されてきた楽曲の数々に加え、新曲も加わり、新たな演出でパワーアップ。

キャストもフレッシュかつ実力派揃いのメンバーが勢揃いしており、主人公の黒崎一護役は高野 洸さん、朽木ルキア役は甲斐千尋さん、阿散井恋次役には崎山つばささん、市丸ギン役は遊馬晃祐さん、朽木白哉役には猪野広樹さん、藍染惣右介役は馬場良馬さん、雛森 桃役には美山加恋さんがキャステイングされている。

本稿では、本公演に先がて行われたゲネプロの様子と、囲み会見の様子をレポートする。
 
ストーリー



霊感が強い高校生・黒崎一護。一護は家族を護るため、死神の少女・朽木ルキアからその力を譲渡された。だがルキアは、生きている人間の一護に死神の力を譲渡した罪で、死神の世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)へと連れ戻され、処刑を待つ身となってしまう。ルキアを必ず助け出すという決意を胸に、一護は尸魂界へと向かう。決して揺らぐことのない友情、信じていた人達の裏切り…それぞれの想いが錯綜する尸魂界。やがて、暗雲が晴れる時は訪れるのか…?
 

■ついに「ROCK MUSICAL BLEACH」が復活!


今回の「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~は、原作の漫画「BLEACH」でもっとも人気の高い尸魂界(ソウル・ソサエティ)編が中心に描かれる。
2008年に公演が行われた「ROCK MUSICAL BLEACH THE ALL」でも、尸魂界編が描かれており、さらに登場キャラクターも同じことから、こちらを再構築したものと考えても良いだろう。



本作の物語は、死神の少女・朽木ルキアからその力を譲渡された黒崎一護が、その罪で尸魂界へ連れ戻され処刑をされる身となり、そのルキアを助けるために一護が、尸魂界の実動部隊である護廷十三隊のメンバー、阿散井恋次らと時には戦い、時には絆を深めていく様子が描かれている。



見所として、死神が持つ特殊な武器である「斬魄刀」を使った戦闘シーンが一番に挙げられるだろう。一護が持つ一見大きな包丁のように見える「斬月」、恋次の刀身にいくつもの節の持つ「蛇尾丸」、様々な形に変化する斑目一角の「鬼灯丸」などによる、通常の殺陣ではお目にかかれないトリッキーかつ迫力がある「BLEACH」の戦いが目の前で再現される。また、本作では戦いの最中にて、各登場人物の心の移り変わりが描写されていることが多く、一つ一つの戦いにとても大きな意味をもたせているため、片時も目が離せない。



第二の見所として、「ROCK MUSICAL BLEACH」ならではの楽曲が挙げられる。シリーズにて使用されていた名曲の数々も登場、さらには今回は新曲も追加されている。副題ともなっている「もうひとつの地上」や、オープニングとなっている「BLEACH」は、登場キャストが多いこともあり、大迫力の演出となっている。また、作品に花を添えるような可憐な女性キャスト、可愛らしく一途で、強い意思を抱く雛森 桃といった女性キャラクターを、抜群の歌唱力で表現しているのでこちらも見逃せない。



今回「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~、過去なんども「ROCK MUSICAL BLEACH THE ALL」を体験した人にも新鮮に感じられる作品になっており、また、今回初めて「ROCK MUSICAL BLEACH」を観劇するという人も大いに楽しめる作品となっている。「BLEACH」をあまり知らない、という人は、よりこの作品を楽しむために、コミックやアニメ、はてまたゲームなどで人物相関図程度は予習しておくのが良いだろう。本作では、登場人物の関係性をところどころ細かいところではあるが表現している部分が多々あり、あらかじめ人物を頭に入れておくだけで、だいぶ楽しみ方が変わってくるだろう。

 

■「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~で今年の夏は熱く!




ゲネプロ後に行われた囲み会見では、黒崎一護役の高野 洸さん、朽木ルキア役の甲斐千尋さん、阿散井恋次役の崎山つばささん、市丸ギン役の遊馬晃祐さん、朽木白哉役の猪野広樹さん、藍染惣右介役の馬場良馬さん、雛森 桃役の美山加恋さん、そして、脚本・演出家である堤 泰之氏が登場した。

はじめに、今作への意気込みを聞かれた、各面々。

まず、演出・脚本の堤氏は、今回の「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~では、原作の「BLEACH」の面白さ、世界観をたくさんの人に届けたい、と語った。

続いて、高野さんは、原作の「BLEACH」が完結を迎えるタイミングで、黒崎一護として舞台に立てることに感激しているとし、熱い一護を演じたいと意気込み、

甲斐さんは、ルキアとして舞台に立つということに緊張はあるものの、この「BLEACH」の世界の面白さを伝えていきたいとした。さらに、この素敵なカンパニーのチームワークも感じ取ってもらえたらと話した。

崎山さんは、原作から飛び出してきたような舞台で、感動を与えられるように魂を込めて演じられるよう頑張りたいと話した。

市丸ギン役の遊馬さんは、今回は京都弁を話すキャラクターを演じるということで難しくもありつつ、休憩中に関西出身のメンバーに教えてもらい頑張っているのでその部分も注目して欲しいとした。

藍染惣右介役の馬場さんは、連載中の原作「BLEACH」では熱い戦いが繰り広げられているなか、このROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~も、世間で話題の「なんちゃらGO」にも負けないくらい熱い作品にしていきたいと熱さを強調した。

美山さんは、この多くの人に愛されている作品に出演することができてとても光栄で、やはりご自身演じる雛森 桃が慕う藍染隊長(馬場さん)と同じく「なんちゃらGO」にも負けないくらい熱い作品にしたいとした。

猪野さんは、子供の頃だった好きだった作品に、好きなキャラクターとして出演できることがとても嬉しいとし、朽木白哉に歯向かうキャラクターをことごとく潰していく勢いで、この夏を熱いものとしたいとした。




≪公演概要≫
公演タイトル 「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~
原作 久保帯人「BLEACH」 (集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・演出 堤 泰之
音楽監督・作曲 玉麻尚一
作詞 うえのけいこ

公演期間
【東京公演】7月28日~8月7日
【京都公演】8月24日~8月28日

劇場 
【東京公演】AiiA 2.5 Theater Tokyo
【京都公演】京都劇場

出演 
黒崎一護 高野 洸(たかの あきら)
朽木ルキア 甲斐千尋(かい ちひろ)
阿散井恋次 崎山つばさ(さきやま つばさ)
市丸ギン 遊馬晃祐(あすま こうすけ)
吉良イヅル 健人(けんと)
卯ノ花 烈 平田裕香(ひらた ゆか)
山田花太郎 橋本真一(はしもと しんいち)
藍染惣右介 馬場良馬(ばば りょうま)
雛森 桃 美山加恋(みやま かれん)
朽木白哉 猪野広樹(いの ひろき)
東仙 要 本田昂也(ほんだ たかや)
檜佐木修兵 橋本全一(はしもと ぜんいつ)
日番谷冬獅郎 永田崇人(ながた たかと)
松本乱菊 高橋ユウ(たかはし ゆう)
更木剣八 川上将大(かわかみ しょうた)
斑目一角 塩田康平(しおた こうへい)
四楓院夜一 松林篤美(まつばやし あつみ)
砕蜂 倉知あゆか(くらち あゆか)
宮川康裕 榮 男樹 久田悠貴 鍜治洸太朗 時松研斗 長谷川 裕 辻 大樹 AKI

協力 集英社(「週刊少年ジャンプ」編集部)

一般社団法人 日本 2.5 次元ミュージカル協会
主催 RMBLEACH 製作委員会 2016
公式 HP http://www.rmbleach.com
公式 Twitter @RM_BLEACH2016

 
■関連サイト
 

公式サイト


Ⓒ久保帯人/集英社・RMBLEACH 製作委員会 2016
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ネルケプランニングROCK MUSICAL BLEACH

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事