コロプラに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(7/28)】3Q決算の落ち込みを嫌気し、コロ...

【ゲーム株概況(7/28)】3Q決算の落ち込みを嫌気し、コロプラがS安 任天堂やドリコムも決算発表を受けて続落 エイチームとアカツキが健闘

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
7月28日の東京株式市場では、日経平均株価は反落し、前日比187.98円安の1万6476.84円で取引を終えた。為替が1ドル=104円台と円高方向に振れたことに加え、日銀の金融政策決定会合の結果を見極めたいという市場心理から終日弱含みの推移が続いた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ほぼ全面安商状の中で、コロプラ<3668>がストップ安売り気配に張り付くなど続急落した。コロプラは、前日7月27日に発表した第3四半期(4~6月)決算が四半期推移(QonQ)で大きく落ち込む内容となったことが嫌気された。

【関連記事】
【コロプラ決算説明会②】3QはQonQで大幅な減収減益 『白猫』が5月に低迷…「新職種が不評」(馬場社長) 『ドラプロ』は良好なKPIでスタート

また、同様に決算発表内容が嫌気される形で、任天堂<7974>やドリコム<3793>も続落した。ほか、Aiming<3911>やモバイルファクトリー<3912>、イグニス<3689>などの下げもきつい。

半面、エイチーム<3662>やアカツキ<3932>は難地合い下でプラス圏を確保した。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コロプラ任天堂

企業情報(任天堂株式会社)

会社名 任天堂株式会社
URL http://www.nintendo.co.jp/
設立 1947年11月
代表者 代表取締役専務 竹田 玄洋/代表取締役専務 宮本 茂
決算期 3月
直近業績 売上高5497億円、営業利益247億円、経常利益705億円、当期純利益418億円(2015年3月期の実績)
上場区分 東証1部
証券コード 7974

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事