バンダイナムコホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(8/5)】1Q決算を好感し、クルーズとバンダ...

【ゲーム株概況(8/5)】1Q決算を好感し、クルーズとバンダイナムコHDが急騰 1Qが大幅減収減益見込みのグリーが大幅反落 決算発表で明暗分かれる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
8月5日の東京株式市場では、日経平均株価は小反落し、前日比0.44円安の1万6254.45円で取引を終えた。朝方は英中銀の利下げと量的金融緩和の実施決定を受けて買いが先行したものの、一巡後は値を消し、前日終値水準でのもみ合い推移が続いた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前日8月4日に発表した第1四半期(4~6月)決算の内容を受けてクルーズ<2138>とバンダイナムコHD<7832>がそれぞれ急騰した。クルーズは、インターネットコンテンツ事業、インターネットコマース事業の両事業とも好調に推移し、営業益で前年同期比4.8倍の大幅増益を達成したことがポジティブサプライズとなったようだ。

【関連記事】
クルーズ、第1四半期は営業益381%増の7.75億円と大幅増益を達成…スマホゲーム好調、急成長のSHOPLISTが押し上げ
 

また、バンダイナムコHDも 海外での『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の人気化などで第2四半期累計(4~9月)の連結業績予想の上方修正を発表するなど、市場予想を上回る好調ぶりを見せたことが好感されたもよう。

【関連記事】
バンナムHD、2Q業績予想を上方修正…営業益は230億円→320億円に上ブレへ 海外での『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の人気化などが貢献
 

ほか、ガンホー<3765>やモブキャスト<3664>、ドリコム<3793>などが買われた。

半面、2016年6月期の2ケタ減収減益に続き、今期の第1四半期も売上高30%減、営業益77%減の見込みを打ち出したグリー<3632>が大幅反落した。そのほか、DeNA<2432>やモバイルファクトリー<3912>、ガーラ<4777>なども安い。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(株式会社バンダイナムコホールディングス)

会社名 株式会社バンダイナムコホールディングス
URL http://www.bandainamco.co.jp/
設立 2005年9月
代表者 代表取締役社長 石川 祝男/代表取締役副社長 上野 和典
決算期 3月
直近業績 売上高6200億円、営業利益632億円、経常利益632億円、当期純利益441億円(2017年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7832

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事