スクウェア・エニックスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【発表会】スクエニ、ゲーム観戦ができるシアターカフェ&ダイニ...

【発表会】スクエニ、ゲーム観戦ができるシアターカフェ&ダイニング「STORIA」オープニング記念イベントを開催…宮尾選手の右ストレートが炸裂!?

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

スクウェア・エニックスとTBI ホールディングスは、本日(10月4日)、東京都豊島区西池袋にて10月5日オープンを予定している、ゲーム観戦を楽しめるダイニングバー「シアターカフェ&ダイニング STORIA(ストーリア)」のオープニング記念イベントを開催した。
 
当日は、スクウェア・エニックス代表取締役社長の松田洋祐氏やTBI JAPAN代表取締役社長の中田強太氏が登壇し、店舗概要の説明を行ったほか、本店のコンセプトに賛同した各社のプロデューサーが集まり、ゲーム観戦文化への期待感を語った。そのほか、タレントの吉木りささんやプロボクサーの宮尾綾香さん、お笑いコンビのコロコロチキチキペッパーズさんがゲストとして登場し、実際に「STORIA」の食事やゲームを楽しんだ。
 
本稿では、その様子をお届けしていく。


 
 
▲実際の店内の様子。ゲームファン懐かしの機器類の展示も。
 
 
▲こちらは営業時のイメージ。



■ダイニングバー「STORIA」はゲーム観戦ブーム到来のきっかけとなるか!?

 
まず始めに登壇した松田氏は「本店のコンセプトとして、仲間と食事をしながらカジュアルにゲーム観戦を楽しめることを意図しております。今回、ユーザーとメーカー、またユーザー同士でのコミュニケーションを図る場として”STORIA”をオープンすることになりました」とオープンまでの経緯を語った。


▲スクウェア・エニックス代表取締役社長の松田洋祐氏。
 
STORIAでは、既に複数のパートナーが協力することが決定しており、今後、多彩なコンテンツでイベントを実施していくとのこと。また、店外の大型ビジョンを使ったパブリックビューイングや、階下のタイトーステーションとの連動企画も予定されていることが明かされた。
 

▲店内で放送しているものと同じ内容を外の大型ビジョンに映し出す予定。店外からも中の盛り上がりを伝えていくという。
 

一方、TBI JAPANの中田氏からは、約3年前にスクウェア・エニックスのゲームとコラボした店舗を運営したことが、今回の企画に関わるきっかけになったと語られた。本店のメニューについて松田氏は「イタリアンを中心とした構成にしているのは、ゲームを観戦しながら食事を楽しみやすいよう、皆でシェアのしやすいパスタやピザを揃えております。デザートには、ピザ窯で焼き上げたフレンチトーストを用意するなど、子供から大人まで幅広い層が満足できるメニューを提供させていただいております」と意図を説明した。
 

▲TBI JAPAN代表取締役社長の中田強太氏。
 
■ブルスケッタ盛り合わせ


■生ハムの盛り合わせ


■季節野菜のクリーミーバーニャカウダ


■窯焼きフレンチトースト_スクランブルエッグ&チーズ&ポークスパム


■窯焼きフレンチトースト厚切りベーコン&エッグ


■窯焼きフレンチトーストベリー・ベリー・ベリーA


​■窯焼きフレンチトーストベリー・ベリー・ベリーB


■窯焼きフレンチトーストキャラメル&ナッツ


​■PIZZAマルゲリータ


■PIZZAヴェルデ


■PIZZA用トッピング

▲本店にて提供されているメニューの一部をご紹介。

続いて、STORIAのコンセプトに賛同したメーカーから、スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストX』プロデューサーの齊藤陽介氏、スクウェア・エニックス『ファイナルファンタジーXIV』プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏、カプコン『ストリートファイターV』プロデューサーの杉山晃一氏、カプコン『モンスタハンター』シリーズプロデューサーの辻本良三氏の4名が登壇。
 

▲左から順に、スクウェア・エニックス『ドラゴンクエストX』プロデューサーの齊藤陽介氏、スクウェア・エニックス『ファイナルファンタジーXIV』プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏、カプコン『ストリートファイターV』プロデューサーの杉山晃一氏、カプコン『モンスタハンター』シリーズプロデューサーの辻本良三氏。
 
STORIAについて吉田氏は「海外では、e-Sportsを筆頭にゲームの対戦を観戦しながら集まってお酒を飲む場があるのですが、ようやく日本にもそういった環境ができたかと。ゲームを作っている側と遊んでいる側でコミュニケーションが図れる時代になってきたことが凄く良いことだと思います」と素直な感想を述べた。
 
また、齊藤氏は「最近では、インターネット放送などを利用して観戦していただく機会が増えてはいるのですが、その場の雰囲気、喜びや悔しさという部分までは伝わりにくいところもございますので、こうして席を並べることで結果だけではなく、相手の表情を含め同じ場所で遊んでいる空気感が楽しめる点が素晴らしいと思います」と本店の魅力を語った。
 
続いて、齊藤氏より「隣で見ていて楽しいものを作る際に気を付けていることはありますか?」と登壇者に質問。これに杉山氏は「インターフェイスを作る際に意識したのは、ゲージ類をまとめてコンパクトでシンプルにすること。プロスポーツ的なところに寄せるべく、プレイ画面を大きくすることでスポンサーロゴやプレイヤー情報を入れられるようなレイアウトにしました」と回答。チームに元々アーケードゲームを作っていたメンバーが複数いるという辻本氏は「アーケードでは見て楽しい、遊んで楽しいという部分が常にコンセプトにありましたので、アクションゲームとしてモンスターの動きやアニメーションに説得力を持たせられるよう気を付けて作っています」と語った。
 
最後に、STORIAならではの企画として、大規模オフ会や大会の開催、e-Sportsのように競技性が高いものからカジュアルに楽しめるものまで、様々なイベントを実施してみたいと各々の願望を語り、本コーナーの締めとした。
 

 
次に、既にSTORIAでイベントの実施が決定しているタイトルより、カプコン『ストリートファイターV』プロデューサーの杉山氏、アークシステムワークス『BLAZEBLUE』シリーズプロデューサーの森利道氏、ゲームオン『Aliance of Valiant Arms』運営プロデューサーの井上洋一郎氏の3名が登壇。各タイトルで実施するイベント内容についてトークを展開した。
 

▲左から順に、カプコン『ストリートファイターV』プロデューサーの杉山氏、アークシステムワークス『BLAZEBLUE』シリーズプロデューサーの森利道氏、ゲームオン『Aliance of Valiant Arms』運営プロデューサーの井上洋一郎氏。
 
『ストリートファイターV』では、10月15日、CyberZが主催するe-Sports大会「RAGE」にて行われる朱雀杯の様子を中継。本大会の優勝者には、限定のオリジナルコスチュームがプレゼントされるとのこと。
 


『BLAZEBLUE』では、10月27日、10月6日に発売予定のプレイステーション4およびプレイステーション3向けソフト『BLAZBLUE CENTRALFICTION』を使ったイベントを開催。森氏は、「格闘ゲームと聞くと難しいイメージもあるかもしれませんが、本作は派手な演出や技を駆使して戦うところが非常にプロレス的でもありますので、まずは見て面白いものだと感じていただけるイベントにできればと考えております」とコメントした。


 
『Aliance of Valiant Arms』においてはイベント実施日こそまだ未定なものの、毎年開催している1000人規模の大会のパブリックビューイングや、公式にて配信している番組の放送を行いたいとの展望が井上氏より語られた。



そのほか、タイトー『闘神祭』プロモーターの金井裕士氏より届いたメッセージを公開。『闘神祭』では、10月16日、パブリックビューイングを行っていく予定。詳細については後日発表されるとのこと。
 


さらに、セガ・インタラクティブの新井健二氏より「ゲーム大会の観戦をしながら同じ趣味の仲間と語らう、これってゲーム好きには堪りません。我々、セガ・インタラクティブも『CHUNITHM AIR (チュウニズム エアー)』でお手伝いしますよ」とのメッセージが公開された。
 
その後は、タレントの吉木りささん、プロボクサーの宮尾綾香さん、お笑いコンビのコロコロチキチキペッパーズさんがゲストとして登壇し、『ストリートファイターV』で対戦の様子を披露した。
 



▲本コーナーで行われた対戦の解説は数々のイベント実況で活躍中のアールさんが担当。

 
▲まずは、コロコロチキチキペッパーズのナダルさんと西野さんがコンビで対戦。二本先取で見事、ナダルさんが勝利し、ご褒美として吉木さんからデザートを食べさせてもらえる場面も。
 
 

▲西野さんは続いて宮尾さんとの対戦するが、あえなく連敗……。罰ゲームとして、宮尾さんからパンチを受けて苦しんでいる姿が印象的だった。
 

 
 
(取材・文:編集部 山岡広樹)



■関連サイト
 

「STORIA」公式サイト



© 2014-2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. Developed by Cygames, Inc. 
© 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. 
© 2015,2016 KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA 
© ARC SYSTEM WORKS 
©CAPCOM U.S.A., INC. 2016 ALL RIGHTS RESERVED. 
©TAITO CORPORATION 2016 ALL RIGHTS RESERVED. 
©groundinglab Co., Ltd.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( スクウェア・エニックス

企業情報(株式会社スクウェア・エニックス)

会社名 株式会社スクウェア・エニックス
URL http://www.square-enix.com/
設立 2008年10月
代表者 松田 洋祐
決算期 3月
直近業績 売上高2,141億円、営業利益260億円、経常利益253億円、当期純損益198億円(2016年3月期、スクウェア・エニックス・ホールディングス連結)
上場区分 東証1部(スクウェア・エニックス・ホールディングス)
証券コード 9684

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事