KLabに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム業界ニュース記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > KLab、ドイツ銀行ロンドン支店との自社株価予約取引が終了 ...

KLab、ドイツ銀行ロンドン支店との自社株価予約取引が終了 2016年12月期は6000万円のデリバティブ評価損を計上

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
KLab<3656>は、本日(10月5日)、ドイツ銀行ロンドン支店と締結した自社株価予約取引について、取引が終了したことを明らかにした。第4四半期に500万円をデリバティブ評価益として計上し、2018年12月期には6000万円をデリバティブ評価損として計上する予定。

自社株価予約取引とは、まず株価の「先渡価格」をあらかじめ設定し、契約終了時点の株価に基づく「終了時基準価格」との差額を現金決済する取引。終了時基準価格が先渡価格を上回れば(株価が上がる)、KLabが差額を受け取って営業収益を計上する一方、終了時基準価格が先渡価格を下回る(株価が下がる)、KLabが差額を支払って営業外費用を計上することになる。

先渡し価格は1286円だったが、取引終了時の基準価格は654.8円だった。取得株数は40万7700株となる。これに基いて計算すると、決済基準金額は2億5700万円となる。なお、計算式は、「(先渡価格-基準価格)✕取得株数」となる。


【関連記事】
KLab、ドイツ銀行ロンドン支店と自社株価予約取引
KLab、ドイツ銀行ロンドン支店と締結した自社株価予約取引の先渡価格が確定
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( KLab

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事