コーエーテクモホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > コーエーテクモHD、2Qは9%増収、11%営業増益と増収増益...

コーエーテクモHD、2Qは9%増収、11%営業増益と増収増益 コンシューマでは『討鬼伝2』、スマホでは『Winning Post スタリオン』をリリース

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
コーエーテクモホールディングス<3635>は、10月27日、2017年3月期の第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表、売上高165億7600万円(前年同期比9.3%増)、営業利益27億4800万円(同11.0%増)、経常利益49億400万円(同13.3%減)、四半期純利益37億8600万円(同6.8%減)となった。
 

第2四半期は、シリーズ最新作の『討鬼伝2』を発売したほか、2月に国内で発売した『進撃の巨人』を欧米向けに展開した。スマートフォンゲームでは新作『Winning Post スタリオン』のサービスを開始するなどIPの創造と展開を推し進めた。なお、営業外収益は、有価証券売却益が減少した結果、前年同期を下回った。

主なセグメントの状況は以下の通り。

①エンタテインメント事業…売上高146億3800万円、セグメント利益23億800万円
・「シブサワ・コウ」ブランドは、欧米向けに『三國志13』(PS4、Steam用)を発売したほか、スマートフォンゲームでは、競馬シミュレーションゲーム『Winning Post スタリオン』の配信を9月より開始した。6周年を迎えた『100万人の信長の野望』をはじめとする主力ソーシャルゲーム、『大航海時代Ⅴ』『信長の野望201X』のスマートフォンゲームも引き続き堅調に推移した。

・「ω-Force」ブランドは、ハンティングアクションゲーム『討鬼伝2』(PS4、PS3、PS Vita用)を7月に発売し、25万本の販売となったほか、シミュレーションRPG『真・三國無双 英傑伝』(PS4、PS3、PS Vita用)をリリースした。また2月に国内で発売した『進撃の巨人』(PS4、PS3、PS Vita、Xbox One、Steam用)を欧米向けに展開し、35万本の販売となった。グローバルでの累計販売本数は70万本を超え、大きなヒットとなっている。

・「Team NINJA」ブランドは、『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』の基本無料版累計ダウンロード数が全世界で700万を突破したほか、有料コラボレーションコンテンツも販売を伸ばした。2017年2月に発売を予定している『仁王』(PS4用)は、CESA主催の「日本ゲーム大賞2016」フューチャー部門を受賞したほか、8月に配信したβ体験版が95%を超える欧米ユーザーから高い評価を得た。

・「ガスト」ブランドは、ヒロイックRPG『BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣』や、アニメとゲームが融合したアニメクロスリンクRPG『拡張少女系トライナリー』など2つの新規IPを発表するなど、IPの創造を推し進めた。

・「ルビーパーティー」ブランドでは、『下天の華 with 夢灯り 愛蔵版』(PS Vita用)を発売した。イベント事業では「ネオロマンス・フェスタ 金色のコルダ 星奏学院祭5」「遙かなる時空の中で2 うしろ向きじれっ隊ライヴ」など6つのイベントを開催した。立体映像表現を用いたバーチャルライブを実施するなど新しい技術にも積極的に取り組んでいる。

②SP事業…売上高9億6300万円、セグメント利益3億6700万円
パチンコ機『CR戦国無双 猛将伝』、パチスロ機『DEAD OR ALIVE 5』の2タイトルがリリースされた。パチンコ・パチスロ機への液晶ソフト受託開発業務は順調に推移している。

③アミューズメント施設運営事業…売上高6億4900万円、セグメント利益7900万円
キッズ施設の運営やプライズゲーム機の稼働が好調で既存店売上が伸長したものの、店舗の閉鎖により減収となった。収益面では継続的な運営コストの見直しも寄与し、増益となった。

■2017年3月期の予想は据え置き
なお、2017年3月期通期の予想は、従来予想から変更なく、売上高420億円(前期比9.6%増)、営業利益115億円(同3.9%増)、経常利益160億円(同1.6%増)、当期純利益110億円(同1.3%増)の見込み。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( コーエーテクモホールディングス

企業情報(コーエーテクモホールディングス株式会社)

会社名 コーエーテクモホールディングス株式会社
URL http://www.koeitecmo.co.jp/
設立 2009年4月
代表者 代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期 3月
直近業績 売上高346億円、営業利益62億円、経常利益88億円、当期純利益56億円(2013年3月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3635

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事