ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ガンホー、第3四半期は減収減益、営業益は38%減の365億円...

ガンホー、第3四半期は減収減益、営業益は38%減の365億円に…スマホゲームの売上減を受けて

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ガンホー・オンラインン・エンターテイメントは、10月28日、第3四半期累計(16年1~9月期)の連結を発表し、売上高874億円(前年同期比26.7%減)、営業利益365億円(同37.9%減)、経常利益361億円(同38.9%減)、最終利益231億円(同37.8%減)だった。

 


同社では、スマートフォン向けゲームの売上高が減少したことから前年同期比で減収となったことを受けて、営業利益、経常利益、最終利益も減益となった。同社では、新作ゲームの開発とともに、既存ゲームのMonthly Active User(月に1回以上ゲームにログインしている利用者)の維持・拡大に注力してきた、としている。

新作ゲームでは、7月28日にニンテンドー3DS 向け「パズドラクロス」を発売。2016年中にプレイステーション4向けオンラインアクションゲーム「LET IT DIE」と、スマートフォン向けRPG「SEVENTH REBIRTH(セブンス・リバース)」の配信を行う予定だ。

また、パートナーパブリッシング事業では、ゲームロフト社から日本国内におけるパブリッシング権を獲得したスマートフォン向けゲーム「ディズニー マジックキングダムズ」の事前登録を9月5日より開始し、10月3日にAndroid版、10月11日にiOS版の正式サービスを開始した。


【追記】
第3四半期(7~9月期)をみると、売上高259億円(前四半期比12.7%減)、営業利益98億円(同21.1%減)、経常利益97億円(同21.0%減)、最終利益63億円(同16.4%減)だった。四半期売上高と営業利益の推移は以下のとおり。

 
【ガンホーの四半期売上高・営業利益(単位:億円)】

 

2016年12月通期の見通しは非開示。コンテンツ関連の新規性の高い事業を展開しており、短期的な事業環境の変化が激しいことなどから、業績の見通しは適正かつ合理的な数値の算出が困難であるため、と説明している。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高1543億2900万円、営業利益724億2500万円、経常利益726億600万円、当期純利益434億3200万円(2015年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事