イグニスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(11/7)】上方修正のイグニスがストップ高 ...

【ゲーム株概況(11/7)】上方修正のイグニスがストップ高 増益決算のDeNAしっかり 新作事前登録のケイブも買われる

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
11月7日の東京株式市場では、日経平均株価は続落し、前日比271.85円高の1万7177.21円で取引を終えた。米大統領選のヒラリー・クリントン氏の私用メール問題で、FBIが訴追を求めないと伝わったことを受けて、買い戻しの動きが強まった。為替相場も1ドル=104円台と円安となったことも手がかり材料となった。

こうしたなか、ゲーム関連株の動きを見てみると、イグニス<3689>がストップ高まで買われた。11月4日、16年9月期の連結業績予想について、営業利益を従来予想の12億円から14億円(同16.7%増)に引き上げたことが好感された模様だ。またVRコンテンツを手がける子会社も設立したと発表した。

【関連記事】
イグニス、今期4度目となる2016年9月期通期業績予想の修正を発表…広告宣伝費の精査などで営業益は12億円→14億円に上ブレ


ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>もしっかり。11月4日に第2四半期累計の決算を発表したことが手がかり。発表した決算は、売上収益が765億円(前年同期比2.2%増)、営業利益が152億円(同33.7%増)だった。ゲーム事業が減益だったが、スポーツ事業が伸長した。また任天堂との協業タイトルへの期待や、キュレーションプラットフォームの成長も評価されたようだ。

【関連記事】
DeNA、2Qは売上収益2%増、営業益33%増と大幅増益での着地に ゲーム事業は減収となるも、新規事業・その他及びスポーツ事業が伸びる(グラフ追加・追記)
DeNA、キュレーションメディアは9月単月で黒字化、第3四半期も黒字見通し MERYやiemoなどが急成長 来期は四半期で10億円の利益貢献も
DeNA守安社長「任天堂との協業タイトルは来年以降もリリース」 開発リソースを「最優先で割り当て」 2作目以降のビジネスモデルは未定
DeNA、新作アプリを日本と中国向けにそれぞれ5タイトルを開発中 うち半分はIPタイトル 「成熟市場でIPの重要性が増している」
DeNA守安社長「横浜DeNAベイスターズの今期黒字化は確実」 観客動員数が平均2.5万人→2.7万人に増加、ハマスタ連結が寄与


ケイブ<3760>も大幅高。この日、ケイブがライセンスを提供し、 韓国のスマートフォンアプリ開発会社であるMobirixが開発する『虫姫さま GOLD LABEL(英: Bug Princess GOLD LABEL)』の事前登録受付を開始したことを発表しており、今後の業績への貢献を期待した買いが入ったようだ。

【関連記事】
ケイブ、『虫姫さま GOLD LABEL』の事前登録受付を開始 「ジュエル」やレアな「甲獣」がもらえる!


他方、ドリコム<3793>が反落。同社のリリースした『ダービースタリオン マスターズ』がApp Store売上ランキングでTOP30に入ったものの、市場では反応薄だった。前週末の段階で株価が大きく上げていたこともあり、ランキングの上昇については株価に織り込まれていたとの見方も出ている。


 
■ゲーム関連株
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( イグニス

企業情報(株式会社イグニス)

会社名 株式会社イグニス
URL http://1923.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 銭 錕(センコン) / 鈴木 貴明
決算期 9月
直近業績 売上高は20億4700万円、営業利益5億6100万円、経常利益5億4500万円、当期純利益3億900万円(14年9月期)
上場区分 東証マザーズ
証券コード 3689

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事