Shadowverse(シャドウバース)、Cygames、Steam、Google Play、App Store、DMM.comに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム連載記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【連載】優勝賞金400万円は誰の手に!? 『Shadowve...

【連載】優勝賞金400万円は誰の手に!? 『Shadowverse』のe-Sports大会「RAGE vol.3 GRAND FINALS」出場者インタビュー【りんご選手編】

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
  • 企業データ
 
サイバーエージェント<4751>の連結子会社であるCyberZが開催する、Cygamesの本格スマホカードバトル『Shadowverse』を競技タイトルとしたe-Sports大会「RAGE vol.3」。そのオフライン予選大会が10月22・23日に実施され、約1,000名の参加者の中から、11月23日にベルサール秋葉原にて開催される「GRAND FINALS」へと進出する8名が決定した。
 
そんな中、今回は出場者8名が揃って「GRAND FINALS」用のムービー・スチール撮影を行っていると聞き、現場へ潜入。『Shadowverse』を始めたきっかけや魅力、勝利に近付くためのポイント、TCG経験についての話などを各選手に伺ってきたので、全8回に渡ってお届けしていく。第7回となる今回は、CブロックWINNERSトーナメント優勝の、りんご選手へのインタビューをお届け!
 

 
【関連記事】
『Shadowverse』のe-Sports大会「RAGE vol.3 Shadowverse オフライン予選大会」1日目が開幕! 128名の強者がDay2へ進出
『Shadowverse』のe-Sports大会「RAGE vol.3 Shadowverse GRAND FINALS」に出場する8名の選手が決定! 会場には木村Pの姿も!?
 
りんご選手
●「RAGE vol.3 Shadowverse オフライン予選大会」での使用デッキはこちら
【使用デッキ1:疾走ビショップ】
https://goo.gl/w6b6IK
 
【使用デッキ2:冥府エルフ】
https://goo.gl/HxKfDx
 

■りんご選手ってどんな人? 「GRAND FINALS」開催前に出場選手の情報をキャッチ!

 
――:本日はよろしくお願いします。まず始めに、りんご選手のゲーム歴をお伺いさせていただけますか。
 
ゲームで対人戦を意識し始めたのが約5年前で、そのきっかけになったのが『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』でした。そのときは、大学の「ポケモンサークル」に入って本格的に取り組んでいました。
 
――:『Shadowverse』を始められたきっかけを教えてください。
 
「RAGE」のタイトルとして『Shadowverse』が選ばれたことがきっかけになりました。リリースされた頃から周囲の友人も遊んでいて興味はあったので、7月末頃の「RAGE vol.3」開催が発表されたタイミングで始めたという流れになります。そういう意味では、今までで最も力を入れて取り組んだタイトルになるかもしれません。
 
――: 1日にどれぐらいプレイされているのでしょうか?
 
9月末に 新カードパックの「ダークネス・エボルヴ」が追加されてからは、約10時間はプレイしています。
 
――:『Shadowverse』のどういったところに魅力を感じましたか?
 
最初は、以前プレイしていた『Hearthstone』に近いデジタルTCGというところに惹かれたのですが、今は特に、「進化」システムの使いどころが人によって違ったり、手軽に遊べるというところに大きな魅力を感じています。1試合が短いことでカジュアルにカードゲームを遊びたい方にも評判が良く、その結果、ユーザーが増えてやりがいが出てくることは自身のモチベーションアップにも繋がっていますね。
 
――:プレイングの際に気を付けられている点はありますか?
 
何も考えずにカードを出さないことです。予選では自分の持ち時間を長めに使っていたのですが、あの時は、相手の手札のどの位置からカードが出てきたかに注目していました。自分から見て相手の右側にあるカードほど古いものになりますので、全く使われていないカードがあればターンが経過するほど特定しやすくなるのです。例えば、自分が相手のフォロワーを除去する側に回っているケースであれば「死の舞踏」など、相手が使うチャンスがなかったスペルカードなのか、またはそのターンの最大PPより高いコストのフォロワーが隠れているのかなどですね。飛躍的に勝率を上げるコツではないかもしれませんが、少しでも勝てる可能性を上げたいと思うのであれば考えた方が良いと思います。
 
あとは、普段ランクマッチで出すカードを悩むような難しい場面があれば、スクリーンショットを撮影しておくべきですね。結果論ではありますが、自分の選択が正しかったかどうか、別の方法があったのではないかということを見返すことで得られるものがあると思います。

 
――:デッキ構築においてはいかがでしょうか?
 
デッキに1枚だけ入れる、いわゆるピン差しはあまりしない派です。入れると決めたカードは上限の3枚まで入れて39枚にし、残りの1枠には4枚目を入れたいと思うカードに近い効果を持つものを選択しています。予選で使用した「疾走ビショップ」では、ガルラがもう1枚欲しいと思い、6コスト帯で比較的リーダーに3ダメージを与えやすい「ムーンアルミラージ」を採用しました。
 
ただ例外として、冥府エルフや超越ウィッチのように、山札からカードをどんどん引けるデッキであれば、1試合のうちに欲しいカードを引ける確率が高いのでピン差しが強くなると思います。

 
――:最後に、「GRAND FINALS」へ向けての意気込みをお願いします。
 

優勝を狙っておりますので、そのための準備もしっかりとして臨むつもりです!
 
――:本日はありがとうございました。
最終回となる次回は、「GRAND FINALS」第4試合でりんご選手と対戦する、hiroya選手へのインタビューをお届け!
 
(取材・文:編集部 山岡広樹)

 
RAGE vol.3 Shadowverse GRAND FINALS概要】
日時:2016年11月23日(水・祝)9時00分 開場/10時00分 開演/19時30分 終演(予定)
会場:ベルサール秋葉原
賞金:総額700万円

優勝:400万円
準優勝:100万円
3位:50万円
4位:30万円
5位タイ:各15万円(4名)
9位タイ:各10万円(4名)
13位タイ:各5万円(4名)
 
 
▼チケット販売サイト
https://t.livepocket.jp/e/55j7d

▼OPENREC.tv内のRAGEチャンネル
https://www.openrec.tv/user/rage-esports
 

バックナンバー
第1回「RAGE vol.3 GRAND FINALS」出場者インタビュー【nakayama選手編】
第2回「RAGE vol.3 GRAND FINALS」出場者インタビュー【ま選手編】
第3回「RAGE vol.3 GRAND FINALS」出場者インタビュー【asupe選手編】
第4回「RAGE vol.3 GRAND FINALS」出場者インタビュー【soomya選手編】
第5回「RAGE vol.3 GRAND FINALS」出場者インタビュー【屈辱の決闘者選手編】
第6回「RAGE vol.3 GRAND FINALS」出場者インタビュー【roro選手編】


 
■関連サイト
 

RAGE公式サイト

 
 
■『Shadowverse』(アプリ版)
 

App Store

Google Play

公式サイト

公式twitter

 
■『Shadowverse』(PC版)
 

DMM GAMES版

Steam版


 
© Cygames, Inc.
Copyright (C) since 1998 DMM All Rights Reserved.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( CyberZShadowverse(シャドウバース)Cygames

企業情報(株式会社Cygames)

会社名 株式会社Cygames
URL http://cygames.co.jp/
設立 2011年5月
代表者 渡邊 耕一
決算期 9月
直近業績
上場区分 非上場
証券コード

株式会社Cygamesの求人情報

シナリオライター

ゲームの世界観をテキストで表現する業務です。 クエストストーリー、イベントストーリーや、ゲームに出てくるキャラクターのシナリオ、フレーバーテキストの作成、各種発注・調整業務をして頂きます。

ゲーム開発エンジニア(サーバーサイド)

・ソーシャルゲームの設計/開発/テスト/運用 ・開発環境の構築(サーバ・DB構築、モックアップ作成、プログラミング、単体テスト、バージョン管理) ・運用時の負荷軽減などによるプログラムの高速化 ・WEB技術のスキルアップ、ノウハウ共有 ・お客様からのお問い合わせについての調査対応

3DCGアーティスト

キャラクターのモデル作成 背景モデルの作成 キャラクターモデルのモーション作成 エフェクトの作成 3Dグラフィックのアートディレクション

イラストレーター

・弊社にて開発・運用中のタイトルのキャラクターから背景まで一枚のイラスト ・ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムの原画・彩色を担当 ・ゲーム内アニメーション用キャラクター制作 ・新規ゲーム用のコンセプトアート

ゲームプランナー

ゲームの仕様を各部署と検討し、仕様やシナリオの作成をしていきます。 また、リリース後にはKPIを分析しながらユーザの動向をみてコンテンツ内のイベントなどの企画、運用を実施して頂きます。

株式会社CygamesのSPECIAL記事

企業情報(株式会社CyberZ)

会社名 株式会社CyberZ
URL
設立 2009年4月
代表者 山内 隆裕
決算期 9月
直近業績
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事