クルーズに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(11/18)】クルーズが2500円台を回復…...

【ゲーム株概況(11/18)】クルーズが2500円台を回復…SMBC日興証券がカバレッジで イグニスはが一時9000円台乗せ コナミHDは材料出尽くしに

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
11月18日の東京株式市場では、日経平均株価は3日続伸し、前日比104.78円高の1万7967.41円で取引を終えた。為替が1ドル=110円台まで円安方向に振れたことで、寄り付きから1万8000円を上回ってスタートし、終日1万8000円を挟んでのもみ合い推移が続いた。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、イグニス<3689>が一時9000円台に乗せるなど5日続伸の動きとなったほか、クルーズ<2138>が3日続伸して終値ベースでは4月1日以来となる2500円台を回復した。クルーズは、SMBC日興証券が投資判断「1」、目標株価2920円でカバーを開始したことが材料視された。同証券では、選択と集中で大きくかじを切った同社の事業戦略をポジティブに評価しているようだ。
 

また、モバイルファクトリー<3912>やモブキャスト<3664>が高く、為替の円安推移も追い風となって任天堂<7974>もしっかり。

半面、新作『遊戯王 デュエルリンクス』が11月17日の配信開始から24時間以内に100万ダウンロードを突破するなど好スタートを切った(関連記事)コナミホールディングス<9766>は、目先の材料出尽くしとみた売り物に押された。
 

ほか、スクウェア・エニックスHD<9766>やセガサミーHD<6460>、カプコン<9697>など大手ゲーム株の一角がさえない。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事