ケイブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外展開記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ケイブ、韓国KM BOX社と『ゴシックは魔法乙女』の韓国展開...

ケイブ、韓国KM BOX社と『ゴシックは魔法乙女』の韓国展開について業務提携 ローカライズはKM BOX社が担当 来春より事業開始へ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ケイブ<3760>は、11月21日、韓国KM BOX社とスマートフォンネイティブゲーム『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』の韓国展開におけるローカライズや配信、プロモーションを委託するパートナーとして業務提携契約を締結したことを発表した。

同社の2017年5月期の第1四半期(6~8月)における売上高の80%は『ゴシックは魔法乙女』が占めるなど、本作は同社の業績を大きく左右するタイトルに成長してきた。しかし、現在は日本国内での配信にとどまっており、同社は海外配信の可能性を模索してきた。

一方、KM BOX社は韓国内において『鉄拳7 Fated Retribution』のライセンス展開を行うなど、韓国内で日本のアーケード基板、筐体を販売ビジネスを展開しており、オンラインゲームではケイブの『真・女神転生IMAGINE』の韓国内での配信にも携わってきた。

そこでケイブは、地域的、文化的に親和性の高い韓国を『ゴシックは魔法乙女』の最初の海外配信先に選定し、KM BOX社と共同で事業展開することを決定した。

具体的には、KM BOX社が『ゴシックは魔法乙女』の韓国市場におけるローカライズと配信、プロモーションを担当し、ケイブはその監修を行うとしている。

なお、事業開始は2017年春ごろの予定で、ケイブの2017年5月期業績に与える影響は軽微としている。

<韓国KM BOX社概要>
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ケイブ

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 高野 健一
決算期 5月
直近業績 売上高16億6400万円、営業損益4億5500万円の赤字、経常損益4億8500万円の赤字、当期純損益7億2800万円の赤字(2015年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事