Dungeon & Fighter: Spirit、ネクソン、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームインタビュー記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【G-STAR 2016】『アラド戦記』を題材にした『Dun...

【G-STAR 2016】『アラド戦記』を題材にした『Dungeon & Fighter: Spirit』は多彩なスキルを組み合わせて戦うド派手横スクロールアクション

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
 
2016年11月17日(木)~20日(日)の期間、韓国釜山広域市のBEXCO において開催された、韓国最大のゲームショウ「G-STAR2016」。本稿では、人気PCオンラインゲーム『アラド戦記』を題材にしたモバイルアクションRPG『Dungeon & Fighter: Spirit』のプレイアブルレポートと、開発者インタビューをお届けしていく。
 

■人気PCオンラインゲーム『アラド戦記』をモバイルで最適化

 

 
韓国で2017年上半期、日本でも2017年内にリリースを予定している『Dungeon & Fighter: Spirit』は、3Dグラフィックで表現される横スクロールアクションRPG。原作『アラド戦記』に登場するスキルに加え、新スキルを含む100種以上のスキルをモバイル向けに最適化している。加えて、一般スキルを使用する度に蓄積する「魂」により、大きなダメージを与えることができる「魂スキル」を初公開。「ストーリーダンジョン」、「死亡の塔」、「レイドモード」、「無限の祭壇」など、多彩なモードで原作お馴染みの個性あふれるボスキャラや200を超えるモンスターたちとバトルを展開。華麗かつ豪快なアクションを長期に渡って楽しめるコンテンツが盛り込まれている。
 
 

■『Dungeon & Fighter: Spirit』を実際にプレイ

 
まずはキャラクターセレクト。原作『アラド戦記』同様に、鬼剣士やメイジといった職業のキャラを選択できた。今回は女性の格闘家を選択してスタート。
 

▲今回のプレイアブルでは、4人のキャラを選択できたが、スタート時にどういったキャラを選べるようにするかは現在検討中とのこと。
 
クエストは、上下左右に動ける移動パッドを使って出現する敵を倒しながら、画面右へと進んでいく従来の横スクロールアクション。本作で最も驚いたのはボタンの多さで、通常攻撃やバックステップ、回復アイテムといったボタンのほか、6つのスキルをセットできるスペースが用意されている。自分の習得したスキルを好きな位置に配置できるようになっており、これらのスキルを繰り返し使用することで強力な「魂スキル」が発動できるようだ。
 

▲スキルを使用した際は、次の発動までに待機時間が必要となる。通常攻撃とスキルを組み合わせ、上手くコンボを繋げていくことがポイントとなりそうだ。
 

▲複数の敵を一気になぎ倒す爽快感があるほか、手軽に楽しめるオートモードも搭載。
 


▲迫力満点の巨大ボスも出現。普段とはまた異なる雰囲気で戦いが楽しめる。
 

▲こちらのホーム画面から、目的ごとに「ストーリーダンジョン」、「死亡の塔」、「レイドモード」、「無限の祭壇」といったモードに移行できるようだ。


なお、『Dungeon & Fighter: Spirit』はNEXON公式チャンネルにも紹介動画がアップされている。


 

■多彩なスキルを活かしたヒット&アウェイのアクションゲームに

 

▲NEOPLE ディレクターのパク・ジンウク氏。
 
ここからNEOPLE ディレクターであるパク・ジンウク氏への、メディア向け合同インタビューの内容をお届け。
 
まず始めに、本作におけるアクションの方向性がPC版と異なる点について問われたパク氏は「原作の良さを最大限に活かしたい」とコメントしたうえで、PC版のキーボード操作からモバイル操作に最適化することの難しさを語った。その過程でモバイル版では、スキル判定の範囲を広げることで、コンボが繋がりやすくなるよう対応しているとのこと。
 
なお、何故、今回のプレイアブルで女性ではなく男性のメイジを実装したのかという質問に対しては「中国圏での調査からニーズに近いキャラを選択した」とのこと。リリース時にどのようなキャラを実装するかについては、今後も調査していきたいと語った。
 
続いて、ボタンの多さ故、一般ユーザーには操作が難解なものになるのではないかという問いかけが挙がる。これにパク氏は、今後、操作方法が変更される可能性はないと明言。CBT時のユーザーからの声には、逆に「まだスキルの数が足りない」という意見があったと説明した。一方で、方向性としては現在のヒット&アウェイのスタイルを継続し、これ以上、複雑な操作を導入する予定はないとも話す。現段階で操作が難しく感じるユーザーのためには、Web上にチュートリアル動画をアップするなどして対応していきたいと語った。
 

 
また、本作でのグラフィックの変化について、『アラド戦記』の新たなるチャレンジとして3Dグラフィック化を試みたとパク氏は話す。原作の2Dグラフィックを3Dにする際、現在のトレンドに合わせつつも原作の雰囲気を損なわないよう配慮することが最も困難だったとコメントした。
 
そのほか、CBT時に不評を受けた、スキルポイントの有償購入については、ユーザーからも声もあり、リリース時には改善を検討していることを明かした。
 
最後にパク氏は、今後の展望として、レベルMAXに達したときにユーザーが継続して楽しめるコンテンツとして「リアルタイムイベント」や「PvP」、「ギルドコンテンツ」の追加を検討していると語り、インタビューの締めとした。
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( G-STAR 2016ネクソンDungeon & Fighter: Spirit

企業情報(株式会社ネクソン)

会社名 株式会社ネクソン
URL http://www.nexon.co.jp/
設立 2002年12月
代表者 オーウェン・マホニー
決算期 12月
直近業績 売上高1553億円、営業利益507億円、税引前利益486億円、当期純利益303億円(2013年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3659

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事