カドカワに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム調査資料記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 『ファミ通モバイルゲーム白書2017』が発刊 国内モバイル...

『ファミ通モバイルゲーム白書2017』が発刊 国内モバイルゲーム市場は世界最大規模 プレイ経験者TOPはポケモンGO、課金経験者TOPはパズドラ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、11月24日、 『ファミ通モバイルゲーム白書2017』を発刊し、オンラインサイト「ebten」で販売を開始した。本書は、 毎年刊行している国内外ゲーム市場のデータ年鑑『ファミ通ゲーム白書』から派生した、初のモバイルゲームに特化した白書となる。また刊行記念キャンペーンとして、12月31日までの期間限定で書籍版を注文するとPDF版もついてくるという。

同社によると、2015年の世界モバイルゲーム市場は3.6兆円となり、なかでも日本は1兆円近くに達し、 世界最大のマーケットとなった、としている。 拡大するモバイルゲームビジネスにおいて、 今後は売上やインストール数だけでなく、 ユーザーの消費行動を含めた市場把握がより重要になると考えられると指摘した。

また本書では、北米、 ヨーロッパ、 アジアなど主要国のモバイルゲーム市場規模やアプリ売上ランキングも収録。 巻頭特集では、 今年大きな話題となった「ポケモンGO」を取り上げているという。さらに国内アプリ別の男女比や年齢分布、 プレイ頻度・時間、 課金経験率などを掲載し、 モバイルゲームユーザーの実態に迫っているとのこと。



<『ファミ通モバイルゲーム白書2017』 おもなトピックス(以下、リリースより)>
 
2015年 世界モバイルゲーム市場規模は3兆6136億円。 日本が世界最大の売上に。
 

2015年の世界モバイルゲーム市場規模は3兆6136億円となり、 エリア別ではアジアが最大の1兆9519億円、 次いで北米が9387億円、 ヨーロッパが4841億円となりました。 国別トップの日本が9454億円、 2番目の米国が8737億円となり、 この2ヶ国で世界市場の約50%を占めています。 [テキスト ボックス: 合計 3兆6136億円] コンテンツとしては、 「クラッシュ・オブ・クラン」が非常に強く、 米国・イギリス・ドイツ・フランスでApp Store/Google Play両ストアのトップを独占しています。 なお、 日本においては、 両ストアとも「モンスターストライク」が首位となりました。


 
国内のプレイ経験者数トップは「ポケモンGO」。 課金経験者数では「パズル&ドラゴンズ」。

本書では国内20万人規模のエンターテイメント分野ユーザーリサーチシステム「eb-i」を用いて、 モバイルゲームユーザーの実態を調査しています。 各アプリのプレイ・課金状況について集計したところ、 プレイ経験者数トップは「ポケモンGO」、 課金経験者数トップは「パズル&ドラゴンズ」となりました。
 

また、 各アプリのプレイヤー男女比や年齢分布についても調査。 プレイ経験者数ランキングの上位2タイトルである「ポケモンGO」と「LINE:ディズニー ツムツム」について比較しました。 「ポケモンGO」は男性プレイヤーが6割近くを占め、 特に10代後半男性と20代の男女、 40代男性に多く遊ばれています。

一方、 「LINE:ディズニー ツムツム」は、 女性比率が男性比率を上回るアプリが多くないなか、 プレイヤーの6割が女性となり、 なかでも20代女性が最も多くなりました。

なお、 課金経験者数トップの「パズル&ドラゴンズ」のユーザーは男性が7割を占め、 なかでも10代後半男性の構成比率が高く、 男子中学生・高校生を中心に支持されていることが分かりました。
 


 
モバイルゲームユーザーは、 他エンタメジャンルのなかでも無料コンテンツを楽しむ傾向に。

前述のユーザーリサーチシステム「eb-i」を元に、 モバイルゲームユーザーと他エンターテイメントコンテンツ市場との関連性について検証したところ、 特にドラマ、 ニュース、 バラエティといったTV番組やアニメ・特撮など、 無料でも楽しむことができるコンテンツへの接触率が高いことが分かりました。 また同様に、 PCゲームへの接触率がコンシューマゲームを上回っていることも、 PC向けのオンラインゲームでは無料で遊べるタイトルが多いことが影響していると考えられます。
 
 


<注釈>
※世界の市場規模は、 株式会社インターアローズから提供されたPRIORI DATAのデータを元に株式会社ゲームエイジ総研が算出した推計値。
※市場規模の数値は、 億円以下を四捨五入した値。
※「eb-i(Entertainment Business Insight)」は、 カドカワ株式会社が週単位で継続して行っている、 エンターテイメント分野の消費動向調査。 保有している全国26万モニターから週次で1万超を回収し、 エンターテイメント分野の実態を調査・分析しています。 (URL: http://www.f-ism.net/ )


 
◆『ファミ通モバイルゲーム白書2017』 概要

書名:ファミ通モバイルゲーム白書2017
発行・監修:カドカワ株式会社 マーケティングセクション
編集:株式会社ゲームエイジ総研
協力:株式会社インターアローズ
発売日:2016年11月24日
価格:PDF(CD-ROM)+書籍セット版…63,000円+税
書籍版…34,000円+税
PDF版(CD-ROM)…30,000円+税
総頁数:442頁
本書の紹介ページ: http://www.f-ism.net/fgh/2017mobile.html
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( カドカワ

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事