WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ)、タカラトミー、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム新作情報記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > タカラトミー、新作アプリ『WAR OF BRAINS』をリリ...

タカラトミー、新作アプリ『WAR OF BRAINS』をリリース! あの「WIXOSS」を生み出した強力タッグが贈るスマホ向け本格TCG

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


タカラトミー<7867>は、12月2日、スマホ向け対戦型カードゲーム『WAR OF BRAINS』の正式サービスを開始した。昨日(12月1日)、アプリ審査通過の遅れを理由に12月上旬に延期するとしていたが、1日の遅れにとどまった。

本作は、タカラトミーがストーリー原作、世界観の設計・販売を、ホビージャパンがゲームデザインを担当し、「WIXOSS」を創り出した超強力タッグにより誕生したデジタルカードゲームだ。プレイヤーは、180種類のカードの中から40枚を選び自分だけのデッキを作り、己の脳とカードを駆使して電子戦争時代の覇権を手に入れていく。国により効果が異なる大技「ソウルバースト」による大逆転、そして、大技(バグ技)「オーバーヒート」による駆け引きが本作のポイントになる。

 
A.D. 2091、強国の戦争疲弊とコンピュータの発達により、 紛争の勝敗を「国際電子裁判所」による「模擬実験」に委ねる条約が国連にて締結された。
時を同じくして、謎の企業「Godbook Inc.」が誕生。電子カードゲーム「WAR OF BRAINS」が発表された。
「国際電子裁判所」が「模擬実験」の要素の一つとして公開していた「The strategy」。
これが「WAR OF BRAINS」での各国の成績を参考にしているという噂が世界各国に爆発的に広がる。
各国は 「WAR OF BRAINS」での自国存在感を重視。軍事予算は「WAR OF BRAINS」に充てられ、強力なカードは裏社会の国際通貨となった。
戦争はカードゲームに形を変え、軍事力を持たない国に「WAR OF BRAINS」という武器を与えた。
電子戦争時代の始まりである。



なお、同社では、リリース延期のお詫びとして、リリース日から1週間の間にゲームを開始したユーザー全員に「パックチケット」3枚をプレゼントすることを明らかにした。

 
▲180種類のカードの中から40枚を選びデッキを構築
 
▲パックには7枚のカードがランダムで封入



 
■アプリダウンロード
 

App Store

Google Play

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( WAR OF BRAINS(ウォー・オブ・ブレインズ)タカラトミー

企業情報(株式会社タカラトミー)

会社名 株式会社タカラトミー
URL http://www.takaratomy.co.jp/
設立 1953年1月
代表者 富山幹太郎/ハロルド・ジョージ・メイ
決算期 3月
直近業績 売上高1499億円、営業利益24億円、経常利益20億円、最終損益18億円の赤字(2015年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7867

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事