タイトーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【Facebook Games説明会②】タイトー西脇氏が語る...

【Facebook Games説明会②】タイトー西脇氏が語る「Instant Games」への期待…新しいゲーム体験が提供可能、接点のなかったユーザーにもアプローチ

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


Facebookは、この日(12月5日)、東京都内にあるFacebook Japanオフィスで、Facebook Games10周年を記念して、プレス向けのFacebook Gamesの戦略説明会を開催した。ゲストとしてタイトーの西脇剛志氏がFacebookの新しいゲームプラットフォーム「Instant Games」への取り組みを語った。

【関連記事】
【Facebook Games説明会①】Facebookの新しいゲームPF「Instant Games」の底知れぬ可能性…当面は利便性向上と規模拡大を重視、収益化は考えず


同社では、「Instant Games」のグローバルローンチタイトルとして、『スペースインベーダー』と『アルカノイド』、『パズルボブル』の提供を開始した。氏は、『スペースインベーダー』と『アルカノイド』のディレクターを担当している。

 

氏は、まず参加できることは光栄と述べた後、Facebookから「Instant Games」について、メッセンジャーからニュースフィードから簡単にゲームが見つけられるもので、「すぐに遊べて友達にシェアできるのはお客様にとって新しい体験になる」と感じたそうだ。昨今のネイティブアプリでは大容量データをダウンロードする必要など簡単ではないからだ。

ビジネス面でみても、Facebookから全世界のユーザーにゲームを届けられる、ということはメリットが大きいと判断したこともある。「いままでにアプローチできなかったお客様への接点になる」と期待を示した。

また、開発者目線では、『スペースインベーダー』や『アルカノイド』といったアーケードのクラシックゲームを提供したが、その理由について、シンプルではるものの、奥深いゲーム性を持っているため、「Instant Games」の手軽に、いつでもどこでも楽しめるというコンセプトにマッチしていると考えたとのこと。

最後に氏は、「提供しているのはいずれもクラシックゲームだが、当時を懐かしむ世代の人に楽しんでもらえる一方、ドットを使った8ビットの世界観がクラシックゲームを知らない若い人にとって新しい価値になるのではないか」と述べた。同社では、日本のゲームメーカーの一社としてプラットフォームの発展に貢献していきたいと述べて締めくくった。

 
(編集部 木村英彦)

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( タイトーFacebook

企業情報(株式会社タイトー)

会社名 株式会社タイトー
URL http://biz.taito.co.jp/
設立 1953年8月
代表者 代表取締役社長 山田哲
決算期 3月
直近業績 売上高386億円、営業利益19億円、経常利益21億円、当期純利益10億円(2016年3月期)
上場区分 未上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事