陰陽師(NetEase Games)、NetEase Games、Google Play、App Storeに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム事前登録記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > NetEase Games、『陰陽師』のガチャシステムを発表...

NetEase Games、『陰陽師』のガチャシステムを発表 女性式神…傀儡師(CV:能登麻美子)、青行燈(CV: 水樹奈々)、吸血姫(CV:ゆかな)も紹介

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

NetEase Gamesは、12月7日、事前登録を実施中の美と妖の本格幻想RPG『陰陽師』のガチャシステムを発表した。また、新たな式神たちとして、今回は個性的な女性式神たちをの情報を公開した。

神のみぞ知る!あなただけの秘伝の召喚法で、式神を召喚
『陰陽師』では、式神召喚の儀式を体験してもらうため、御札に「呪文」を書く儀式や、自分の声で「呪文」を詠唱する儀式など、斬新な召喚システム(ガチャ)が導入されている。新たな式神を召喚する際、「書く」「唱える」2種類の召喚方法を行うことができる。「書く」場合、画面に表示された御札に「呪文」を書くことで召喚が可能。また、「唱える」場合は召喚前にあなたの「声」を呪文として詠唱する。時には変な絵を描いてみたり、面白い歌を詠唱したり、召喚方法に正解はない。独自の秘伝の召喚法を見つけて、SSR式神を召喚しよう!
 

美しく描かれる式神は百種類以上!「覚醒」で華麗なレベルアップも
日本の代表的な絵巻物「百鬼夜行絵巻」では、様々な妖怪が夜中に徘徊する場面が描かれており、日本妖怪の書物としては元祖とも言える。「陰陽師」ではこの「百鬼夜行絵巻」をもとに、有名作家より描かれる百種類以上の式神が登場する。立ち絵から細かい部分まで、美しい日本文化を意識した描写を心がけている。それぞれの式神は自分の個性を持っていて、たとえば、「山兎」は可愛くふわふわしているいわゆる萌え、「白無常」は穏やかに優しい、「三尾の狐」は妖艶で風流など、一度見ると忘れられないほど豊かな個性を持っている。式神たちは「式神録」にてカード形式で確認することができ、戦闘時には晴明たちと同様の人型として召喚される。

式神たちは、通常のレベルアップ・ランクアップ以外に、「覚醒」することができる。「覚醒」後は、外見は一新され、より式神本来の個性に近づく。また、戦闘能力も大幅に増加。式神を「覚醒」させ、力を開花させよう。
 

豪華声優陣が担当する、美しく個性的な女性式神たちを紹介!
 

沈黙の傀儡使い「傀儡師」(CV:能登麻美子さん)


他の式神と違い、傀儡師は二人で一人。沈黙・無表情の少女が背後の傀儡を操っており、心を通わせている二人の間では言葉は要らない。少女はごく稀に口を開くことがあるが、決まって“兄”とささやく。そんなとき、背後の傀儡は何故か優しい目線を送るのだ。


▲少女と傀儡はどのような関係なのか?声を担当するのは「能登麻美子」さん
 

怪談好き幽霊少女「青行燈」(CV: 水樹奈々さん)


「青行燈」は、行燈を持つとても清楚で綺麗な少女。そんな彼女は、怪談を聞くことも語ることも大好きだ。百本のろうそくを付け、青い紙を貼り、ひとつの怪談を終えると、一本のろうそくを消し、部屋の中が真っ暗になると、ろうそくの後ろに青い影が現れる。


▲彼女の百の怪談を聴き終わると何かが起こるかも?声を担当するのは「水樹奈々」さん



華麗な狂気の血族「吸血姫」(CV:ゆかなさん)


「吸血姫」は色白で小柄の少女であり、その背中にはコウモリの羽が生えている。過去は幸せな家庭と両親を持ち、美しく平凡な日々を過ごしていた。しかし、ある出来事を境にすべてを失い、この世界で孤独の身となってしまった。彼女への不幸はそれだけでなく、今後生きていくために血を吸わなければいけない身体となってしまったのだ。昔の幸せを思い出すたび苦痛にもがき、彼女を狂わせる。血族として自己嫌悪にまみれた人生を歩むのか、そんな感覚すら忘れてしまうのか、彼女の行きつく先は…。


▲苦痛から逃れるかのように、血を求める哀しき少女。声を担当するのは「ゆかな」さん

 

■『陰陽師』


 

ティザーサイト

公式Twitter



NetEase,Inc.
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 陰陽師(NetEase Games)NetEase Games

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事