Google、Google Playに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームランキング記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【イベント】Googleが「Play Time 2016表彰...

【イベント】Googleが「Play Time 2016表彰式」を実施 ゲーム部門「Best of 2016」は『Pokémon GO』に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleは、12月8日、2016年に日本のGoogle Play において最も人気を集めたアプリやゲームを発表する「Best of 2016」の表彰式を行った。

「Best of 2016」は、アプリ8部門とゲーム7部門から構成されており、授賞式では、12月1日に発表されたファイナリストの中から、各部門の最優秀賞受賞を発表し、表彰した。

本稿では、その結果と授賞式の様子をお伝えする。

このアワードはアプリの部とゲームの部に分かれている。

アプリの部には8部門の賞があり、事前に発表されたファイナリストの中から、各部門ごとに大賞が贈られる。また、ファイナリストの中から2016年一番輝いたアプリとなる「Best of 2016」が選出される。

ゲームの部に7部門の賞があり、こちらもまた、事前に発表されたファイナリストの中から、各部門ごとに大賞が贈られ、さらにファイナリストの中から2016年一番輝いたゲームとなる「Best of 2016」が選出される形となっている。
 

■アプリ部門


ベストファミリー部門





ベストファミリー賞の部門大賞は『はらぺこあおむし いろかたち』となった。登壇したスマートエデュケーションの担当者は、「受賞の要因として素晴らしIPを使用しているというもあると思いますが、いいアプリを作り続けたいと思い作ってきました。ありがとうございます。」とコメントした。


ベスト自己改善アプリ部門





ベスト自己改善アプリ部門では、『Studyplus』が部門大賞に選ばれた。Studyplus Inc.の担当者は、『昨年も選出していただき、ちょうど昨年の12月にリニューアルし、それが受け入れられたこその結果だと思います。 頑張ってきた甲斐があった。本当に嬉しいですありがとうございます。」とコメント。


ベストエンターテインメントアプリ部門





ベストエンターテインメントアプリ部門の部門大賞に選ばれたのはAWAの『AWA』。AWAの担当者は、ラインナップされているアプリが強烈だったのでまさか受賞するとは思っていなかったです。使ってくださるユーザー様に一番感謝しています。これからも世の中にいい音楽体験を提供していきます。」とコメントした。


ベストトレンドアプリ部門





ベストトレンドアプリ部門の部門大賞に選ばれたのは『NHK ニュース・防災』。NHKの担当者は、「『NHK ニュース・防災』今年の6月から始めたアプリです。今年も災害がたくさんありました。NHKの使命に命を守る報道というものがあります。これからもアプリも進化させていきます。」とコメントした。


ベストローカルアプリ部門



『UberEATS』がベストローカルアプリ部門の部門大賞に輝いた。


ベストデザインアプリ部門





ベストデザインアプリ部門の大賞はC CHANNELの『C CHANNEL』に決定。C CHANNELの担当者は、「デザイナーとエンジニアが協力して作ってきたアプリでデザインの賞を受賞できたのはとても嬉しいです。『C CHANNEL』女性向けのアプリで、日本だけでなく世界の女性を楽しくできるサービスを提供できるようにがんばりたいと思います。」とコメント。


ベストシェアアプリ部門





ベストシェアアプリ部門は任天堂<7974>『Miitomo』が部門大賞を受賞。任天堂の担当者は、「大変嬉しいです。任天堂初のスマートでのサービスで、困難の連続でしたが無事リリースでき、たくさんの方々に遊んでいただき、賞もいただき開発者冥利につきます。ありがとうございました。」とコメント。


ベストイノベーティブアプリ部門





ベストイノベーティブアプリ部門の部門大賞はVASLYの『iQON』に決定。VASLYの担当者は、「世界でもっともイノベーティブなGoogleさんにイノベーティブな賞をいただけて、とても嬉しいです。エンジニアチーム全員でお祝いをしようと思います。」とコメントした。



また、2016年ベストアプリはAbemaTVの『AbemaTV』が受賞した。



壇上に上がったAbemaTV担当者は、「4月に開局し、現在30チャンネル24時間編成配信しています。多くのユーザーに支えられ、賞をいただき、大変ありがたく思います。また、年末年始にむけてチャンネルも増やしていく予定ですし、AbemaTVでもこの授賞式を配信しています。これからAbemaTVはますます大きくなっていきたいと思います。これからもご支援のほどお願いいたします。』と更なる発展を

 

■ゲーム部門


ベストグラフィックゲーム部門





ベストグラフィックゲーム部門の部門大賞に輝いたのは、コナミデジタルエンタテインメントの『プロ野球スピリッツA』。コナミデジタルエンタテインメントの担当者は、「もともとコンソールのグラフィックをスマフォで再現することを目標にしていたゲームですのでのでこのような賞をいただけてとても嬉しく思います。今後ともますます多くの方々に遊んでいただきたいと思っております。」とコメントした。


ベストアトラクティブゲーム部門





ベストアトラクティブゲーム部門の大賞に選ばれたのはKingの『キャンディークラッシュゼリー』。Kingの担当者は、「今年はベストオブゲームでの受賞ではないので、来年はキャンディクラッシュGOでもリリースして大賞を狙って行きたいと思います。」と、コメントした。


ベストエキサイティングゲーム部門





ベストエキサイティングゲーム部門に輝いたのはコロプラ<3668>の『ドラゴンプロジェクト』コロプラの担当者は、「『ドラゴンプロジェクト』は、当初ハンティングアクションを作っているつもりでしたが、アクションMMOになったり、また開発者としてはハードコアのゲームを作っているつもりだったのですが、たくさんのユーザーに遊んでいただいたりと、開発中もエキサイティングな出来事がありました。コロプラは挑戦的でエキサイティングなゲームを作るのを目標としているので、来年もこの舞台に立てるように頑張っていきます。」とコメントした。


ベストインディーゲーム部門



ベストインディーゲーム部門の部門大賞に選ばれたのはCheetah Gamesの『アビスリウム』となった。


ベストトレンドゲーム部門





ベストトレンドゲーム部門部門大賞に輝いたのはバンダイナムコエンターテインメント『ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ』。
バンダイナムコエンターテインメント担当者は、「まさかトレンド賞をいただけるとは思っていませんでした。なによりもソードアート・オンラインという素晴らしいIPに感謝しております。ソードアート・オンライン自体がトレンドになっていると感じています。また、ソードアート・オンラインは来年映画も控えているので、全世界にむけて展開していきたいと思っております。」とコメントした。


ベストイノベーティブゲーム部門





ベストイノベーティブゲーム部門の部門大賞は、Nanticの『Pokémon GO』が選ばれた。Nanticの担当者は、「ゲームの賞をいただきましたが、『Pokémon GO』ゲームの枠を超えたものだと考えています。『Pokémon GO』は会話の種がない人たちのコミュニケーションのきっかけや、外に出るきっかけになればと思います。これからもアップデートをしていく予定ですので、楽しみにしていてください。』とコメントした。


ベスト対戦ゲーム部門





ベスト対戦ゲーム部門の部門大賞に輝いたのはCygamesの『Shadowverse』。Cygamesの担当者は、「運営チーム代表してお礼をいいます。日本ののe-Sportsを引っ張っていく存在になるよう頑張っていきたいと思います。」とコメントした。




そして、栄えある2016年のベストゲームに輝いたのは、Nanticの『Pokémon GO』。Nanticの担当者は、受賞の喜びをこう表現した。

「ロンチする直前はうまくいくかという不安もありましたが、実際リリースしてからは世界中の方に受け入れられました。公園にたくさんのひとが歩いていたり、病院の治療での使用、例えば、自閉症のひとが『Pokémon GO』をきっかけに人に話しかけたりと、ゲームを超えた使われ方をしていることがとても嬉しく思っております。ロンチしてから4ヶ月しかたっておらず、当初プランニングしていたものを全部入れられていないので、今後もアップデートしていきたいと思っております。」




■関連サイト
 

Google Japan Blog

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( Google

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事