オルトプラスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム株式記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【ゲーム株概況(12/14)】オルトプラスが一時S高と再度人...

【ゲーム株概況(12/14)】オルトプラスが一時S高と再度人気化 日本一ソフトは利益確定の売り物に押される 任天堂は大台到達で目先達成感続く

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
12月14日の東京株式市場では、日経平均株価は小幅ながら7日続伸となり、前日比3.09円高の1万9253.61円で取引を終えた。円安の一服で午前中は小安い展開となったものの、指数寄与度の大きいソフトバンク<9984>が野村証券による目標株価引き上げで上昇したこともあり、後場に入ってプラス圏に浮上した。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、前日は大幅反落となっていたオルトプラス<3672>が一時ストップ高となったほか、ドリコム<3793>も大幅高とフォワードワークスの新作関連銘柄の一角が再度人気化した。
 

また、シリコンスタジオ<3907>が大幅続伸し、一気に4000円台を回復したほか、イグニス<3689>やコロプラ<3668>なども買われた。

半面、前日まで5連騰していた日本一ソフトウェア<3851>は一時1580円まで買われた後、利益確定の売り物に押され、アカツキ<3932>も4日ぶりに反落した。
 

明日12月15日に『SUPER MARIO RUN(スーパーマリオ ラン)』の配信開始を控える任天堂<7974>は3万円大台到達後の目先達成感からの売り物が続いた。


■関連銘柄
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( オルトプラス

企業情報(株式会社オルトプラス)

会社名 株式会社オルトプラス
URL http://www.altplus.co.jp/
設立 2010年5月
代表者 石井武
決算期 9月
直近業績 売上高26億4600万円、営業損益5億9100万円の赤字、経常損益6億4700万円の赤字、当期純損益15億4000万円の赤字(2016年9月期)
上場区分 東証1部
証券コード 3672

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事