天空のクラフトフリート、KLabに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【天クラ年末特番2016】天クラチャンピオンは誰の手に!? ...

【天クラ年末特番2016】天クラチャンピオンは誰の手に!? 天クラガールズの企画艦隊戦と無差別級トーナメントの模様をレポート

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

KLab<3656>は、ニコニコ生放送とYouTube Liveにおいて「天クラ年末特番2016」を開催。放送では、同社が提供する『天空のクラフトリート』の情報はもちろん、企画艦隊戦から新発表まで、多彩なゲスト出演者と様々な企画を展開している。

「Social Game Info」では、2日間に渡る生放送の模様をリアルタイムでお届け。本稿では、天クラガールズの企画艦隊戦や無差別級トーナメントの模様をお届け。

■「天クラ年末特番2016」概要
番組名:天クラ年末特番2016
放送日時:
2016年12月23日(金)15:00 ~12月24日(土)00:00
2016年12月24日(土)15:00 ~12月25日(土)00:00
番組公式サイト:https://www.craftfleet.com/sn/
 

ニコニコ生放送

YouTube Live

Abema FRESH!

 

■極悪スキルも飛び出した!?「クラガル船団 VS 極悪プルコギ船団」


本コーナーでは、「クラガル船団vs極悪プルコギ船団」の企画艦隊戦を実施した。この艦隊戦は、以前実施された2期生中心のクラガルに敗れたプルコギTさんのリベンジ艦隊戦となる。
 

▲リベンジに燃えるプルコギT

今回の艦隊戦ではプルコギTさんの特別リベンジルールとして、5分間に1回、「リアル極悪スキル」の書かれた「極悪ダイス」を振ることができた。
 

 

リアル極悪スキルには
・からしシュークリームを食べる
・TP回復するならせんぶり茶1杯
・わさび寿司を食べる
・5分間、自分のプレイを実況プレイ
・5分間、スキルを必殺技っぽく叫ばないと発動できない
・お題の絵を書いてから、艦隊戦に復帰

が用意され、いずれも強力(?)なスキルばかり。

艦隊戦が開始すると最初の極悪スキルは、「5分間、スキルを必殺技っぽく叫ばないと発動できない」に決定した。

スキルの発動もはばかられる状態に、気分高々のプルコギ船団だったが、先手を取ったクラガル船団が大幅なリードを奪う。これに対してプルコギ船団は5分に1回という、ルールを無視した極悪ダイスで反撃を行うと戦況が一変。続く極悪ダイスの攻撃「TP回復するならせんぶり茶」などで、戦況の有利を確かなものにしていった。


 

艦隊戦も中盤に差し掛かると、厳しい展開になったクラガル船団は休戦中に、極悪ダイスへの攻撃を開始。6面の内、5面をプルコギ船団への罰ゲームへと変更し、反撃を試みた。からしシュークリームやわさび寿司などで、プルコギTさんへ確かなダメージを与えるものの、有利な戦況のまま最後はプルコギ船団が逃げ切り、リベンジを果たした。

負けた船団の罰ゲームは、明日(12月24日)の朝4時に実施する「紹介都市伝説の検証」の検証を行うというものだったが、クラガル船団はこの艦隊戦の結末に異議を唱え、「真の敗者はどっちだったのか」というアンケートの実施を提案。アンケートの結果、60%を超える投票が極悪プルコギ船団に入り、敗者は極悪プルコギ船団に決定した。
 

▲視聴者からも「悪役の鏡」と評されるプルコギT
 

■「無差別級トーナメント 2016」静かな駆け引きの前半戦 怒涛の攻防の後半戦



このコーナーでは11月に開催された艦隊戦リーグ29のランキング上位船団から最強の船団を決めるトーナメントの決勝戦を実施した。上位8チームからトーナメントを勝ち抜き、決勝の舞台に来たのは「ニルヴァーナ」と「にーす船団」。今回の艦隊戦は運営船団としてお馴染みのマスクさんもゲストとして登場し、本決勝戦の解説を担当した。
 


▲視聴者にはおなじみのマスクさん

また、優勝賞品の懐中時計と、称号についても公開。優勝船団限定の懐中時計にはChampionの文字も彫られた名誉あるものになっている。特注になり、「かなり高価な代物」と、しばやんも評しているという。



▲裏側には「2016 Champion」の文字が。

決勝戦は、互いに同じスキルを使用し、牽制から始まった。スキルのみを使用し、通常攻撃を行う「ニルヴァーナ」とスキル攻撃のみを行い、何も行わない「にーす船団」。最初の拠点を「ニルヴァーナ」が落とし、休戦へと入る。休戦が開けた直後、「ニルヴァーナ」は1分にも満たない速攻で即座に次の拠点を落とし、再び休戦へと入った。
 

2度の休戦を挟むと、「にーす軍団」が動き出す。一斉反撃で「ニルヴァーナ」の拠点を落としたが、ここはマスクさんの解説によると、後半戦を見据えて、あえて落としたとのこと。反撃の狼煙を上げた「にーす軍団」は攻めの手を緩めなかった。休戦を開けた直後に、ここぞとばかりに拠点を落とし、落とした拠点数は五分へと戻した。

互いに同数の拠点を落としたところで再開した艦隊戦は、勢いの手を緩めない「にーす軍団」が即座に拠点を落とす。マスクさんは、時間からして、次が最後となる戦いに、「にーす軍団」のスキルが温存できているのかが、勝敗のポイントになると語った。


休戦を開けた最後の艦隊戦では、前半と違い、互いにスキルを打ち合う展開に。しかし、2つの拠点を落としてから反撃の手を緩めない「にーす軍団」の圧力は圧倒的だった。「ニルヴァーナ」も拠点への攻撃を試みるが、圧倒的な力に触ることも叶わず、再び拠点を落としてしまい、敗北を喫すこととなった。
 

圧倒的な力で決勝戦も勝ちきったのは「にーす軍団」となった。マスクさんは過去ログからは1秒の間にスキルを打ち合い、互いに対応し合う怒涛の戦いに驚きを隠せないでいた。

 

■怒涛の対戦の振り返りは深夜に及ぶ。深夜には番外編も。

 

▲深夜は男子会にて激戦を振り返る

対戦を終えて、常人には理解ができない一戦だったが、最上位の戦いを見ることができた貴重な機会だったので、他の船団にも参考にしてほしいとプルコギ Tさんは話す。マスクさんからは一人で考えるだけでなく、みんなで考えるほうが面白く、上達する正しい方法なのではとアドバイス。また、物怖じせずに積極的にやりたいことやわからないことを船団員に聞いたほうが良いとも話した。船団の運営方針にも触れた議論も広がった。

9時間に渡って放送された初日のプログラムはトーナメントを持って行程を終了した。興奮冷めないマスクマンとプルコギTさんは番組終了後も裏放送でトーナメント決勝戦を振り返った。また、深夜3時50分からは「都市伝説コーナー」のロケ検証も実施された。



■「天クラ年末特番2016」概要
番組名:天クラ年末特番2016
放送日時:
2016年12月23日(金)15:00 ~12月24日(土)00:00
2016年12月24日(土)15:00 ~12月25日(土)00:00
番組公式サイト:https://www.craftfleet.com/sn/


■関連サイト

ニコニコ生放送

YouTube Live

Abema FRESH!

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 天空のクラフトフリートKLab

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事