実況パワフルプロ野球、コナミデジタルエンタテインメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【イベント】大谷翔平選手と来場者の直接対決も実現した「パワプ...

【イベント】大谷翔平選手と来場者の直接対決も実現した「パワプロフェスティバル2016」決勝大会をレポート 『パワプロ』日本一は誰の手に!?

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
 
コナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)は、1月8日、『実況パワフルプロ野球』シリーズのイベント「パワプロフェスティバル2016」決勝大会を、東京ビッグサイト(国際展示場)東展示棟 東4ホールにて開催した。
 
当日は、モバイルゲーム部門・ゲームソフト部門の決勝大会が行われたほか、プロ野球12球団の豪華選手が登場し、ここでしか見られないトークショーなどを繰り広げた。本稿では、メインステージにて行われたイベントの模様をレポートしていく。
 
 

■『パワプロ』を愛するプロ野球12球団の選手が登場

 

 
▲メインステージは両翼に広い野球スタジアム風に展開。
 
オープニングショーでは、まずプロ野球12球団に所属する下記13名の選手が球団マスコットと共に登壇した。
 

 
 
【出演選手】
・大谷翔平 選手(北海道日本ハムファイターズ)
・松山竜平 選手(広島東洋カープ)
・福田秀平 選手(福岡ソフトバンクホークス)
・川島慶三 選手(福岡ソフトバンクホークス)
・西村健太朗 選手(読売ジャイアンツ)
・髙濱卓也 選手(千葉ロッテマリーンズ)
・今永昇太 選手(横浜DeNAベイスターズ)
・秋山翔吾 選手(埼玉西武ライオンズ)
・髙山俊 選手(阪神タイガース)
・小関翔太 選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)
・畠山和洋 選手(東京ヤクルトスワローズ)
・駿太 選手(オリックス・バファローズ)
・平田良介 選手(中日ドラゴンズ)
 

▲この日、MCを務めたタレントである、ますだおかだの増田英彦さん(写真右)、TKOの木下隆行さん(写真中央)、フリーアナウンサーの岡副麻希さん(写真左)。
 
 
▲さらに、予選大会を勝ち上がり、決勝大会に残った17名の選手が、登壇したプロ野球選手らとハイタッチを交わしながら登場。ここに、当日予選を勝ち抜いた3名を加えた計20名で、モバイルゲーム部門・ゲームソフト部門の決勝大会が行われた
 

▲「月2学園パワプロ部」でお馴染み、声優の遠藤ゆりかさん、湯浅かえでさん、高田憂希さん、ファミ通攻略wikiチームのめたる村田さんらも出演。
 

▲開幕から大所帯となったオープニングトークでは、木下さんと松山選手が似ているという話題が会場の笑いを誘った。

 
 

■選手自ら能力を査定!? ぶっちゃけトークショー

 

 
『パワプロ』や野球についてのトークを展開する「プロ野球トークショー」は、2部制にて実施。PART 1には小関選手・駿太選手・髙山選手が、PART 2には畠山選手・秋山選手・髙濱選手・今永選手らが登壇した。
 

 
▲「自分がかっこよく見える野球のポーズ」を要求された駿太選手は、自身の肩力を活かしたレーザービームを披露。何故かジャンプ姿を見せることになった髙山選手には会場のファンから「カワイイ」との声も。
 

 
▲昨季(2016年)、好成績を収めた秋山選手は、無失策でゴールデングラブ賞を獲得したことや2年連続でフルイニング出場を果たした実績を挙げ、まだまだ能力に伸び代があることを主張した。ケガに悩まされた畠山選手には、つば九朗からお馴染みのフリップ芸で手痛い指摘も。

 

■夢の球宴が再び!? セ・リーグ対パ・リーグのオールスター対決が実現

 

 
続て開催された「エキシビジョン」では、大谷選手・福田選手・川島選手を擁するパ・リーグと、松山選手・西村選手・平田選手を擁するセ・リーグに分かれての『パワプロ』対決を実施。パ・リーグを増田さんが、セ・リーグを木下さんが、監督として率いることとなった。
 

 
また、今回は3イニングのDH制、1回ごとに操作選手を交代していくというルールで試合が行われた。
 
 
 
▲名だたる選手の中から、実際のプロ野球選手がスターティングオーダーを決定していくという珍しい光景が見られた。
 

▲来場者は、入場時に配られた「パワプロオリジナルスティックバルーン」で本物の野球さながらの応援を楽しめた。
 

▲両軍悩んだ末に決定したスターティングオーダーがこちら。
 
試合は、1回からパ・リーグが4点を先取するという波乱の幕開けに。2回には、松山選手が操作する平田選手がホームランを放って1点を返すことに成功。
 


▲松山選手にホームランを打たれて天を仰ぐ川島選手。
 
最終回となる3回は、大谷選手と、普段からかなり『パワプロ』をやり込んでいるという平田選手が操作者として激突。平田選手が2ランホームランを打ったことで、セ・リーグが計4点を返すも、最後は大谷選手がビシッと3アウトを取りパ・リーグが勝利を手にする結果となった。
 



 
その後、来場者の中から抽選で選ばれた小学生が、『パワプロ』で大谷選手と3打席勝負をするという企画が催された。こちらは投手・大谷(操作者:大谷選手)対 打者・大谷(操作者:来場者)という夢の二刀流対決で行われたが、結果は3打数3安打と打者・大谷の圧勝という結果に。
 
 
 
▲本コーナーに参加した少年には対戦後、大谷選手からサイン入りボールがプレゼントされた。少年の「メジャーへ行っても頑張ってください!」との無垢なエールに、大谷選手が「まだまだ日本ハムで日本一を目指して頑張ります!」と苦笑いする場面も。
 
 

■ムネリンこと川崎宗則選手も海外から駆け付けた決勝大会の行方は!?




最後に、「パワプロフェスティバル2016」のメインイベントである決勝大会を前に、サプライズゲストとしてシカゴ・カブスに在籍する川崎宗則選手が登壇し、会場のファンも大いに盛り上がった。



ゲームソフト部門では、パ・リーグ公認大会から勝ち上がった坂本選手と、当日予選を劇的なサヨナラ勝利で勝ち上がったさんらいく選手が激突。

試合は、1回から坂本選手が先頭打者ホームランを放つなど激しい展開になるかと思いきや、その後は互いに相手にホームを踏ませずロースコアで展開。3回には、さんらいく選手が無死一・二塁のチャンスを作るも、坂本選手が操る菊池雄星選手を打ち崩すことができず、2-1という結果で坂本選手の優勝となった。

 
 

▲試合後、坂本選手は「優勝できて嬉しいです」と率直な感想を口にした。

一方、モバイルゲーム部門決勝は、GG選手、ぽてち選手、TOMO選手、ネモ選手の4名で対決。アプリ版『実況パワフルプロ野球』の選手育成にて最終的な獲得ポイントを競った。結果、大阪大会代表のTOMOさんが見事16084ptを獲得して優勝を決め、本ベントの幕閉じとした。

 
 




 
(取材・文 編集部:山岡広樹) 


 
■関連サイト
 

特設サイト

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 実況パワフルプロ野球コナミデジタルエンタテインメント

企業情報(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)

会社名 株式会社コナミデジタルエンタテインメント
URL http://www.konami-digital-entertainment.co.jp/
設立 2006年3月
代表者 早川英樹
決算期 3月
直近業績 当期純利益66億8600万円(2015年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事