ケイブに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【決算分析】ケイブの決算補足資料より…QonQでの増収トレン...

【決算分析】ケイブの決算補足資料より…QonQでの増収トレンド続く 『ゴ魔乙』は引き続きコラボを展開、海外展開も委託先と交渉中 VRコンテンツにも着手

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
1月13日に発表されたケイブ<3760>の2017年5月期の第2四半期累計(6~11月)の決算は、売上高13億7400万円(前々期比27.0%増)、営業損益1億円の赤字(前年同期900万円の赤字)、経常損益1億600万円の赤字(同1400万円の赤字)、四半期純損益2億5400万円の赤字(同1500万円の赤字)と2ケタ増収ながら赤字計上となった。

【関連記事】
ケイブ、2QはQonQで増収・黒字転換を達成 『ゴシックは魔法乙女』は世界配信に向けて、まずは韓国での配信準備が進行中

今回はケイブが開示した決算補足資料から、その決算内容の詳細を分析してみたい。
 

■広告宣伝費を通常ベースに戻し、四半期ベースで黒字化


まずは売上構成比率の推移から見てみると、ここには大きな変動はなく、ネイティブゲームの売上比率は第1四半期期間に続き第2四半期期間も全体の80%を占めた。全体の売上高は右肩上がりの状況が続いており、これはつまり四半期単位での『ゴシックは魔法乙女』の売上の伸びが継続しているということになる。
 

一方、利益面については、前四半期の1億8600万円の営業赤字計上から、この第2四半期は8500万円の営業黒字に転換した。これは、第1四半期に『ゴシックは魔法乙女』のTVCMを実施し大きく膨らんでいた広告宣伝費を通常並みに戻したことによるものとなる。
 


では、そのTVCMの効果はというと、足元の『ゴシックは魔法乙女』月次売上高の推移が以下のグラフだ。CM実施直後からは落ち着いてきているものの、足元の月次売上高はCM実施前と比べて上回った水準での推移が続いている。
 
 

■『ゴシックは魔法乙女』は引き続きコラボ展開を計画


続いて、TVCM以外の『ゴシックは魔法乙女』についての取り組みを見てみたい。まずは、2016年10月20日にver.1.4.0へのアップデートを実施しているほか、月間1本のペースでコラボイベントを実施する形となっている。
 


こうしたコラボは、今後も継続的に実施していく方針で、既に2月~5月についても「有名タレント」や「著名アニメ版権」を使ったゲーム内イベントやプロモーション展開が計画されている。
 

また、海外展開についても、既に準備が着々と進められている韓国に加え、台湾/香港/マカオ市場向けについても現在、委託企業との契約交渉が進められているもようだ。
 
 

■VRコンテンツの開発に着手


期中に発表された新たな取り組みとしては、VR(仮想現実)コンテンツの開発に着手したことが挙げられよう。「破壊・爽快」をテーマとしたゲーム性の高いコンテンツの開発を進めているとしており、2017年内のリリースに向けて準備が進められているとのことだ。
 
 

■『ゴシックは魔法乙女』に続く柱の育成fが大きな課題


『ゴシックは魔法乙女』の国内展開については、CM効果やコラボ展開などが奏功し、引き続き順調な推移となっているが、依存度が高まり過ぎているところはやや懸念されるところ。新たな動きとしてVRコンテンツの開発なども浮上してきているが、『ゴシックは魔法乙女』に続く柱の育成は大きな課題と言えよう。

また、海外展開については、『ゴシックは魔法乙女』の台湾/香港/マカオ市場向けの動きが見えてきたことは、今後に向けたポジティブな材料だろう。
 
(編集部:柴田正之)


 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ケイブ

企業情報(株式会社ケイブ)

会社名 株式会社ケイブ
URL http://www.cave.co.jp/
設立 1994年6月
代表者 高野 健一
決算期 5月
直近業績 売上高16億6400万円、営業損益4億5500万円の赤字、経常損益4億8500万円の赤字、当期純損益7億2800万円の赤字(2015年5月期)
上場区分 JASDAQ
証券コード 3760

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事