グリーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム海外展開記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > エボラブルアジアとグリー、ジョイントベンチャー「GREVO ...

エボラブルアジアとグリー、ジョイントベンチャー「GREVO Co., Ltd.」を設立 グリーのベトナムでの業務拡大に向けた拠点拡充に対応

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
エボラブルアジア<6191>とグリー<3632>は、エボラブルアジアのベトナム法人Evolable Asia(本社:ベトナム ホーチミン)とグリーがジョイントベンチャー「GREVO Co., Ltd.(グレボ)」を設立することを発表した。

従来、グリーはEvolable Asiaのホーチミン拠点にてブラウザゲームやスマホゲームアプリの開発・運用を行ってきた。今回、グリーがベトナムでの拠点を拡充し、ベトナムで実施する開発などの業務内容をさらに広げることとなり、両社でジョイントベンチャーという形態で新たに法人設立を行うこととなった。

今後は新たに設立される法人にて、グリーの持つゲーム企画・開発ノウハウと、エボラブルアジアのベトナム法人が有するITオフショア開発のノウハウの双方を生かし、グリーのオフショア開発での取り組み内容を強化し、より質の高い開発を、スピード感をあげて実施していく。目標については1年後に、人数は100名、タイトル数は20タイトルを目標としている。また、売上目標については初年度2.5億円を目指しているとしている。

■ジョイントベンチャーで想定している開発内容
ジョイントベンチャーにて想定している開発内容としては、従来ベトナム拠点にて行っていたゲーム、アプリの開発に加えて、ゲームに関する企画やデータ分析、海外ゲームタイトルのセカンダリー運用、スマホゲームアプリのセカンダリー運用に取り組む予定。

日本国内のスマホゲームのセカンダリー市場は数年間で急成長をしており、2014年の市場規模は47億円、2015年はブラウザゲーム向け需要が拡大し、218億円に成長した。2016年以降は、スマホゲームアプリ運営の外部委託や売却需要も本格化し、市場自体の伸びが期待されており、今後2017年にはスマホゲームアプリ向け需要も拡大し、1000億円を突破する規模になると予想されている。

<GREVO Co., Ltd. 概要>
社名:GREVO Co., Ltd.
本社:90, Nguyen Dinh Chieu Street, Dakao Ward, District 1, HCMC, Vietnam
代表取締役社長:山本 浩樹(グリー株式会社)
取締役会長:薛 悠司(Evolable Asia Co., Ltd.代表取締役社長)
出資者:Evolable Asia Co., Ltd. 61% 、グリー株式会社39%
資本金:250,000USD

設立は2017年4月1日を予定。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( グリー

企業情報(グリー株式会社)

会社名 グリー株式会社
URL http://www.gree.co.jp/
設立 2004年12月
代表者 田中良和
決算期 6月
直近業績 売上高924億5600万円、営業利益202億3300万円、経常利益250億900万円、当期純損益103億2200万円の赤字(2015年6月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3632

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事