野生の地:Durango、ネクソンに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム事前登録記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > ネクソン、モバイルゲーム『野生の地:Durango』リミテッ...

ネクソン、モバイルゲーム『野生の地:Durango』リミテッドベータテストに34万人のユーザーが参加…その他の各種プレイデータを公開

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ

ネクソン<3659>は、1月27日、連結子会社NEXON Korea Corporationがグローバル向け(日本及び中国はテスト対象外)に実施した、モバイルゲーム『野生の地:Durango』の第3次リミテッドベータテストで得られた各種データを公開し、34万人のユーザーが参加したことを明らかにした。ダウンロードやプレイ時間などプレイデータも公開されている。

本作は、『マビノギ』や『マビノギ英雄伝』を開発したディレクターのイ・ウンソク氏が手掛ける新作モバイルゲーム。謎の事故で空間がねじれ、現代から先史時代へワープしたプレイヤーが未開拓の土地を切り開き、他のプレイヤーとともに仮想社会を作り上げていく開拓型オープンワールドMMORPGとなる。プレイヤーが生き残りをかけて探険、狩り、コミュニティの構築などを行い、これまでのモバイルゲームとは一線を画した、特別なサバイバルゲーム経験が楽しめる。

第3次リミテッドベータテストは、2016年12月7日~2017年1月16日まで行われ、世界中から多数のプレイヤーが参加したという。また、ゲーム内でのサバイバルや探検といった基本プレイに加え、農業、料理、建築や市場での取引など、幅広い楽しみ方が同作の特徴であることから多くのユニークな記録が生まれたという。

 <以下、リリースより>

684,726回:Google Playでのアプリダウンロード数
→同ストアでのスコアレビューは4.1!計31,002件ものレビューが集まりました。


340,817人:参加プレイヤー数
→国別内訳は、第1位:韓国(187,572人)、第2位:タイ(133,015人)、第3位:ブラジル (67,688人)。


8時間40分59秒:平均プレイ時間
→上位50%のユーザーによる平均プレイ時間は、16時間49分でした。


6,393,889:ユーザーが生み出した生産物
→なかでも、最も多く作られたのは「たき火(2,343,932)」でした。


28,938,910m:作られた紐の長さ
→地球の約3/4周分!プレイヤーは作った紐を使い、より高度な道具を制作したり、生活を便利にすることが可能です。


スマホ約2.2億個分:生成された島の面積
→なんと約200面ものサッカー場の広さに相当!また、98,044もの島がテスト期間中に生成されました。


735,745:収穫された「とうもろこし」の数
→期間中に最も多く収穫された作物が「とうもろこし」であり、その後2位の「亜麻 (456,575)」、3位の「たまねぎ( 332,124)」と続きます。


20,981,989回:調理回数


534,697回:市場での取引回数


2,688,231:捕獲されたコンプソグナトゥス(注2)の数


13,088:結成された部族の数
→うち、306の部族が、他の部族と戦を行いました。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 野生の地:Durangoネクソン

企業情報(株式会社ネクソン)

会社名 株式会社ネクソン
URL http://www.nexon.co.jp/
設立 2002年12月
代表者 オーウェン・マホニー
決算期 12月
直近業績 売上高1553億円、営業利益507億円、税引前利益486億円、当期純利益303億円(2013年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3659

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事