アイドルマスター、バンダイナムコエンターテインメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲームイベント記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【イベント】「THE IDOLM@STER PRODUCER...

【イベント】「THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017」…765PRO ALLSTARSが出演、原点回帰を図りつつ新しい挑戦も取り入れた意欲的な内容に

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ


バンダイナムコエンターテインメントは、1月28日と29日の両日、東京体育館において、イベント「THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017 765PRO ALLSTARS -Fun to the new vision!!-」を開催した。チケットは、両日ともにソールドアウトとなったが、会場にも多くのプロデューサー(作品のファンのこと)が訪れたほか、全国の映画館でライブビューイングが行われるなどまさに大盛況のイベントであった。今回の記事では、初日の模様をレポートしておこう。

今回のイベントは、タイトルからわかるように、中村繪里子さん(天海春香役)、今井麻美さん(如月千早役)、浅倉杏美さん(萩原雪歩役)、仁後真耶子さん(高槻やよい役) 、若林直美さん(秋月律子役)、たかはし智秋さん(三浦あずさ役)、釘宮理恵さん(水瀬伊織役)、平田宏美さん(菊地真役)、下田麻美さん(双海亜美・真美役)、長谷川明子さん(星井美希役)、原由実さん(四条貴音役)、沼倉愛美さん(我那覇響役)の765PRO ALLSTARSのメンバーが出演した。久々の出演となった若林さんにはプロデューサーから「おかえりなさい!」の声があがっていた。

イベントの冒頭、「天海春香」がモニター上に登場した。モーションキャプチャ技術と高品質なリアルタイムCGキャラクタを活用したインタラクティブなライブコンテンツ提供サービスBanaCAST(BandaiNamco Character Streaming Technology)を活用したもので、リアルタイムで動く天海春香をプラチナスターズのキャンプウエア姿で登場させたという。中村さんが生で声を当てていただけでなく、モーションもアクターがリアルタイムでつけていたそうだ。今年で11年目に入ったこともあり、本イベントのタイトルにある『NEW VISION』の一つとして、次元を超えてキャラクタがステージに立つという「THE IDOLM@STER」の新しい未来の可能性の提示に挑戦したという。
 

続いて、ステージ上に12人が登場すると、会場からは大歓声が上がり、会場のボルテージは一気に頂点に達した。ライブの1曲目は、「チェリー」だった。ステージ上のモニターに満開の桜が映し出され、それをバックにかわいらしく歌い上げた。実は、1曲目についてはニコ生の際、リクエストを募ったとのことで、プロデューサーからのリクエストで2位に入ったとのことだった。この結果については、スタッフ陣も予想していなかったそうだ。
 

1曲目が終わると、トークコーナー「Producer’s Voice」となった。プロデューサーへのアンケート結果をみながら、キャスト陣がトークを行うコーナーだった(アンケート結果はイベントパンフレットに掲載されている)。アニメでプロデューサーを演じた赤羽根健治さんをMCを担当した。赤羽根さんは登場時、「同僚の皆さん、おはようございます!」と元気よく登場すると、会場のプロデューサーからも「おはようございます!」のレスポンスがあった。

まず、トークテーマは、プロデューサーの属性結果に基づくトークだった。年齢や男女比、プロデューサー歴、イベントへの参加回数、好きなジャンル展開などを聞いたもので、プロデューサー歴では6〜9年が34%と最も多かったほか、男女比で女性が17%と以外に高い比率だったことが明らかに。また『アイドルマスター』の好きなジャンル展開については、ゲームが最も多かったが、イベント、アニメなどバランスの良さも目立った。

楽曲についての設問では「仕事でミスをした時に聞きたい曲」、「ライブでコールが楽しい曲」、「アイドルマスターの楽曲でオススメの曲を聞かれてと教えてあげる曲」と続いた。「ライブでコールが楽しい曲」については、「ザ・ライブ革命でSHOW!」や「チェリー」など、まだライブで披露していない曲も入っていたことが話題にのぼったが、これについてプロデューサーからの期待値の高さを示すものといえそうだ。オススメでは、1位が「READY!!」、2位「M@STERPIECE」、同率「THE IDOLM@STER」など全員で歌う曲が上位に入っていた。
 

次は「朗読劇765プロ大感謝祭」のコーナーだった。オールスターライブのための準備を行う合宿の模様を描いたストーリーで、アイドルたちの息の合った掛け合いや、ときに入る大胆なアドリブに会場から大歓声や笑いが起こった。ちなみに「アイドルマスター」では小さい会場でイベントが行われていたときから朗読劇のコーナーが行われていたが、近年、行われないことも多かったそうだ。今回実施したのは原点回帰の意味もある。さらにプロデューサーの反応でストーリー展開が変化するなど新しい取り組みも行われていた。

なお、朗読劇の途中、三瓶由布子さん(秋月涼役)がスペシャルゲストとして登場すると、会場から割れんばかりの大きな歓声があがった。朗読劇の後のキャスト陣とのトークで、三瓶さんは765PROとして「アイドルマスター」のイベントに出演するのは今回が初めてだそうで、「夢がかなって嬉しいです」とコメント。特にアイドルたちとの掛け合いができることを喜んでいた。
 

今回新たな試みとして、「765PRO」アイドルたちによるライブ映像の上映が行われた。美麗なCGライブが次々と上映されたが、最後の楽曲の後、アンコールが沸き起こった。画面上のアイドルたち13人がアンコールに応えてステージに向かう映像が流れた後、今度は出演者たちがこれを引き継ぐ形でライブコーナーに突入した。

それぞれがライブ映像で使われていたステージ衣装を身にまとってステージ上に登場すると、ソロ曲やユニット曲を次々と披露して会場を魅了した。そして、熱唱するアイドルたちを盛り上げるため、プロデューサーたちも大きなコールで応えていった。「ライブでコールが楽しい曲」にランクインしていた「ザ・ライブ革命でSHOW!」をライブで初めて披露したほか、いままでにないユニット編成での楽曲披露、7年前のリリースイベント以来という三瓶さんによるオープニングアクトなど見どころの多いライブであった。
 

「Miracle Night」「僕たちのResistance」「アマテラス」を立て続けに歌った後、現在音源を作っている途中であるという「紅白応援V」となった。この楽曲は、歌などの収録はすでに終了したものの、プロデューサーたちの声援を音源に取り入れることで初めて完成するとのことだった。会場に集ったプロデューサーたちは「ファイト!ファイト!紅組ファイト!」「ファイト!ファイト!白組ファイト」などと大声援を送り、見事収録に成功した。3月のCDのリリースが待たれる。そして、最後は「THE IDOLM@STER」でイベントを締めくくった。
 



■ライブコーナーセットリスト
M1
チェリー (投票第2位) 765PRO ALLSTARS
M2 Dazzling World 三瓶由布子
M3 ザ・ライブ革命でSHOW! 765PRO ALLSTARS
M4 Miracle Night 中村繪里子/釘宮理恵/下田麻美/平田宏美
M5 僕たちのResistance 今井麻美/仁後真耶子/沼倉愛美/長谷川明子
M6 アマテラス 浅倉杏美/たかはし智秋/原由実/若林直美
M7 紅白応援V 765PRO ALLSTARS and you!
M8 Happy! 765PRO ALLSTARS
M9 THE IDOLM@STER 中村繪里子/今井麻美/浅倉杏美 仁後真耶子/若林直美/たかはし智秋/釘宮理恵/平田宏美/下田麻美/長谷川明子/原 由実/沼倉愛美/三瓶由布子
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( アイドルマスターバンダイナムコエンターテインメント

企業情報(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)

会社名 株式会社バンダイナムコエンターテインメント
URL http://bandainam.co/1mZsovM
設立 1955年6月
代表者 大下 聡
決算期 3月
直近業績 売上高1495億円、営業利益159億円、経常利益180億円、当期純利益117億円(2013年3月期)
上場区分 非上場
証券コード

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事