16年10-12月決算、ガンホー・オンライン・エンターテイメントに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > 【速報】ガンホー、16年12月期の営業益は36%減の460億...

【速報】ガンホー、16年12月期の営業益は36%減の460億円…「パズドラ」中心にスマホゲームの売上減で

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、2月2日、2016年12月期の連結決算を発表し、売上高1124億円(前年同期比27.1%減)、営業利益460億円(同36.4%減)、経常利益460億円(同36.5%減)、最終利益279億円(同35.7%減)と大幅な減益での着地となった。主力ゲームである「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)」の売上高が減少したことが主な要因だ。

 


同社では、新作ゲームでは、グローバル配信を見据え開発したプレイステーション®4向けオンラインアクションゲーム「LET IT DIE(レット イット ダイ)」を2016年12月3日より北米・欧州へ配信開始し、12月30日には北米・欧州で累計100万ダウンロードを突破したという。2月2日には日本・アジア版を配信し、本格的にグローバル配信を開始した。

また、スマートフォンの新作では、2016年11月17日からは、スマートフォン向けRPG「SEVENTH REBIRTH(セブンス・リバース)」をリリースした。パートナーパブリッシング事業では、ゲームロフト社から日本国内におけるパブリッシング権を獲得した「ディズニー マジックキングダムズ」を10月にリリースし、10月22日に100万ダウンロードを突破した。

既存ゲームでは、「パズドラ」は、引き続き多くのユーザーがプレイしているという。2月20日の5周年に向けた記念イベントを2016年11月より実施するとともに、有名キャラクターとのコラボイベントやアップデートも継続的に実施している。また、2016年7月28日に発売したニンテンドー3DS向け「パズドラクロス 神の章/龍の章」は、アニメ、コミック、ホビー商品、イベントなど、大規模なクロスメディア展開を継続して実施し、「パズドラ」ブランドのさらなる強化・拡大に努めているという。


【追記】
第4四半期(10-12月)の連結は、売上高250億円(前四半期比QonQ3.6%減)、営業利益95億円(同3.6%減)、経常利益99億円(同2.1%増)、最終利益47億円(同25.8%減)だった。四半期別の売上高・営業利益の推移は以下のとおり。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( ガンホー・オンライン・エンターテイメント16年10-12月決算

企業情報(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)

会社名 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
URL http://www.gungho.co.jp/
設立 1998年7月
代表者 森下一喜
決算期 12月
直近業績 売上高1543億2900万円、営業利益724億2500万円、経常利益726億600万円、当期純利益434億3200万円(2015年12月期)
上場区分 東証一部
証券コード 3765

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事