16年10-12月決算、セガサミーホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガサミーHD、3Qはエンタメコンテンツ事業の営業利益率が7...

セガサミーHD、3Qはエンタメコンテンツ事業の営業利益率が7.8ポイント改善 効率的なマーケティング展開や『三国志大戦』稼動による貢献も

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
セガサミーホールディングス<6460>は、2月6日、2017年3月期の第3四半期累計(4~12月)の連結決算を発表した。その詳細を見てみると、エンタテインメントコンテンツ事業の営業利益率が前年同期比で7.8ポイントの改善となる9.8%に上昇している。
 

では、その要因はどこにあるのかというと、デジタルゲームとアミューズメント機器の大幅黒字転換ということになりそうだ。デジタルゲームは、『ファンタシースターオンライン2』や『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』『ぷよぷよ!!クエスト』『チェインクロニクル3』など既存タイトルの展開が中心となっており、売上高という点では、そこまで劇的な変化という数字にはなっていない。

さらに詳しく数字を見ていくと、利益率改善につながっていそうなのは、売上高に対する広告宣伝費比率の数字が大きく抑えられていることで、効率的なマーケティング展開が行われていることが奏功しているとみることができそうだ。
 

一方、アミューズメント機器は、売上高が前年同期比で26%伸びていることが注目される。これは『艦これアーケード』の稼働が堅調に推移していることに加え、人気トレーディングカードゲームの新作『三国志大戦』の稼動を12月22日より開始したことも寄与しているようだ。

【関連記事】
セガ・インタラクティブ、新生『三国志大戦』の稼働開始!
 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 16年10-12月決算セガサミーホールディングス

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3214億円、営業利益190億円、経常利益209億円、当期純利益334億円(2013年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事