16年10-12月決算、セガサミーホールディングスに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > セガサミー、スマホゲームの収益が大きく改善、営業益が1億円の...

セガサミー、スマホゲームの収益が大きく改善、営業益が1億円の赤字から53億円の黒字に…効率的なマーケティングに「Noah Pass」が貢献か

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
セガサミーホールディングス<6460>は、この日(2月6日)発表の第3四半期の決算で、スマホゲームを中心とするデジタルゲームの営業利益が53億円となり、前年同期の1億円の赤字から大きく改善したことが明らかになった。売上高も前年同期比6%増の350億円と伸びた。

同社では、『オルタンシア・サーガ』や『ぷよぷよ!!クエスト』『チェインクロニクル』など、既存の主力スマートフォンゲームが堅調に推移したことに加え、『ファンタシースターオンライン2』がも引き続き好調を維持したとしている。

 


増益となったのは、売上高の伸びに加えて、広告宣伝費の効率的な活用だろう。第3四半期においては年末年始ということもあり、売上高に対する広告宣伝費の比率は10%台に達したが、第1四半期と第2四半期はいずれも1ケタ台に抑えている。

この背景には同社の展開する相互送客ネットワーク「Noah Pass」の貢献が大きいものとみられる。「Noah Pass」の平均MAUは1000万人を引き続き超えており、同社はもちろん参加する他のアプリ事業者にとっても重要な集客経路になっているようだ。

なお、同社のデジタルゲームのKPIを見ると、3カ月平均MAU(月次アクティブユーザー数)は3四半期連続で500万人を割り込んだが、ARPMAU(ユーザー1人当たりの平均売上)は3カ月連続で2000円台となるなど客単価の向上がみられる。

 


このほか、アミューズメント機器が5億円から42億円、パッケージゲームが5億円から42億円にそれぞれ大きく改善したところも見逃せない。アーケードゲームについては『艦これアーケード』が堅調に推移し、パッケージゲームについては『Football Manager 2017』や『龍が如く6 命の詩。』などの寄与した。
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( セガサミーホールディングス16年10-12月決算

企業情報(セガサミーホールディングス株式会社)

会社名 セガサミーホールディングス株式会社
URL http://www.segasammy.co.jp
設立 2004年10月
代表者 里見治/鶴見尚也
決算期 3月
直近業績 売上高3214億円、営業利益190億円、経常利益209億円、当期純利益334億円(2013年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 6460

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事