16年10-12月決算、タカラトミーに関するスマホアプリ&ソーシャルゲーム決算記事

Custom Search
企業データベース
業界求人情報
TOP > 記事 > タカラトミー、17年3月期の最終益を15億円→40億円に大幅...

タカラトミー、17年3月期の最終益を15億円→40億円に大幅上方修正…トミカ、プラレール、リカちゃん、ベイブレード、デュエマ好調、海外収益も改善

リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 企業データ
タカラトミー<7867>は、2月7日、2017年3月期の連結利益予想を大幅に上方修正し、営業利益を40億円から70億円、経常利益を32億円から70億円、最終利益を15億円から40億円にそれぞれ引き上げた。売上高は1680億円から1640億円に減額した。従来予想からの修正率は、売上高が2.4%減、営業利益が75.0%増、経常利益が118.8%増、最終利益が166.7%増となる。

 


同社では、利益面については、利益率の高い国内の玩具ビジネスが好調であることに加え、TOMY International グループの事業立て直しを進める中、収益性が改善しているため、と説明している。経常利益については、為替相場の変動により、保有する在外子会社に対する外貨建債権の評価替えによる為替差益も計上するとのこと。

売上高は減額修正となったが、定番商品「トミカ」「プラレール」「リカちゃん」や、4月からテレビアニメがスタートした次世代ベーゴマ「ベイブレードバースト」、トレーディングカードゲーム「デュエル・マスターズ」などの販売が好調に推移しているものの、海外市場でベビー、プリスクール関連商品の販売が低調に推移しているという。

なお、同時に発表した第3四半期累計(16年4~12月期)の連結は、売上高1317億円(前年同期比2.8%増)、営業利益102億円(同82.1%増)、経常利益105億円(同99.2%増)、最終利益78億円(前年同期27億円の赤字)だった。

 
リスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい( 16年10-12月決算タカラトミー

企業情報(株式会社タカラトミー)

会社名 株式会社タカラトミー
URL http://www.takaratomy.co.jp/
設立 1953年1月
代表者 富山幹太郎/ハロルド・ジョージ・メイ
決算期 3月
直近業績 売上高1499億円、営業利益24億円、経常利益20億円、最終損益18億円の赤字(2015年3月期)
上場区分 東証1部
証券コード 7867

Facebook

スマートフォンゲーム最新情報をシェア中

Twitter

毎日つぶやき!スマートフォンゲーム最前線!

はてブ

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日配信!スマートフォンゲーム最前線!

RSS

毎日更新中。スマートフォンゲーム最新情報

新着記事